« 2014年8月 | トップページ

2016.02.20

AG2KMLの「スクリプトエラー」について

ユーザーの方からメールをいただいて、AG2KMLがスクリプトエラーでまともに使えなくなっているのを知りました。放置していてすみません。ご報告ありがとうございました。

原因はMAP画面の表示用に使用している「WebBrowser コントロール」がいまだにインターネット・エクスプローラーのバージョン7相当で動いていることのようです。(これ、インストールしているIEのバージョンの核で動いていると思い込んでいました。)
それで、どんどん新しくなるGoogle Maps APIに対応できなくなったのだと思います。

対応策ですが、解決するにはレジストリに「WebBrowser コントロール」が使用するIEのバージョンを登録する、という方法しかないようです。


レジストリの操作は危険が伴います。
どうかいずれの方法にせよ、自己責任で注意深く対策していただけますよう、くれぐれもよろしくお願いいたします。

とりあえずダブルクリックでAG2KMLをレジストリに登録するregファイルを用意しました。

記事の一番下から「AG2KML_reg.zip」をダウンロードして解凍してください。

「ag2kml_IE9.reg」
「ag2kml_IE10.reg」
「ag2kml_IE11.reg」

の3つのファイルが出てきますので、

お使いのインターネットエクスプローラーのバージョンにあわせてどれかひとつのファイルをダブルクリックして実行してください。アラートの画面が出ますので、「OK」をクリックすると、レジストリにAG2KMLが登録されます。

手動で登録する場合には、
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\InternetExplorer\Main\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION


の中に、 [DWORD (32ビット)値] で新規に「AG2KML.exe」を作成し、値を設定します。

値は、10進法で

IE9は9000
IE10は10000
IE11は11000

と入れてください。



こちらのサイトが参考になります。
(下のほうの 「 IEのバージョンと値」の欄の16進法の値は、IE9とIE10の値が同じになっているので(間違い?)10進法の数値を参考にしてください。)

http://www.ipentec.com/document/document.aspx?page=csharp-change-webbrower-control-internet-explorer-version

とりあえず、私の環境ではエラーが収まっています。

ダウンロード AG2KML_reg.zip

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ