« AGtoKML Mapの修正 | トップページ | Google Earth 5.0のバルーンでiflameを試す »

2009.02.04

Google Earth 5.0

Google Earthがメジャーバージョンアップして Google Earth 5.0 になりましたね!
今回は盛りだくさんの機能追加です。

海洋のコンテンツの追加
ちょっと前から海洋部分の描写が変わって、海底の様子がわかりやすくなっていましたが、今回なんと海にもぐれるんですね!
Google Earth 5.0で新しい目印をつけると、目印を設定するプロパティ画面の「標高」に「海底に固定」「海底に相対」の指定ができるようになり、海中に目印をおくことができるようになっています。
左サイドバーの「海」のレイヤーコンテンツも充実していていますが、特に「海」のレイヤーの中の「生物を追跡」がおもしろいですねー。「生物を追跡」にチェックを入れると魚のアイコンが現われます。そのアイコンをクリックして表示されるバルーンの中の再生ボタンをクリックすると、サメや鯨の泳いだとおりに海中をすすんでいくことができます。これで海底まで高解像度になった日にはバーチャルでダイビングできちゃいますね。

過去のイメージを表示可能
メニューの表示から、「過去のイメージ」にチェックを入れると、画面右上にスライダーが現れ、過去の衛星写真をさかのぼってみることができるようになりました。都市部など近年の変化の激しいところなどを見てみると面白そうです。

火星を見る
前バージョンで追加されたSkyに加えて「火星」に切り替えることができるようになりました。

「ツアー」の作成
以前もパスを作成してツアーをする事は出来ましたが、今回は画面を録画するかのようにGoogle Earth上の移動をそのままツアーとして保存することができるようになりました。
以前のパスツアーやフォルダ内アイテムのツアーでは高度やスピードは各人のGoogle Earthの設定に依存するので、全く同じツアーを再現するのは難しかったのですが、今回のこの機能を使えば、パスを最適の設定でツアーさせたものを「ツアー」として保存でき、他の環境でも同じ「ツアー」を再現できるというわけです。もちろんパスに限らずプレイスマーク間の移動でもGoogle Earthを直接動かすのも保存できるので、とても有用性の高い機能だと思います。上記の海中遊泳もこの機能で作成されてますね。

バルーン内のHTMLの進化
これまでバルーンで使えるHTMLタグが限られていましたが、スタイルシートやJavaScriptなど対応状況がものすごく改善された様子です。
試しにこのブログのトップページのソースをコピーしてそのまま目印の説明欄にコピーする、という無謀なことをしてみましたが、驚くべき再現性でした。外部のスタイルシートはきちんと読んでいるし、右サイドバーの下の方の検索欄も機能していました。ただし、組み込んでいる目次やカレンダー、Flickrのブログパーツのスクリプトは動きませんでした。とはいえ、これまでは古いHTMLタグのみの対応だったバルーンの進化にはびっくりです。

いろいろな機能の追加に伴って、KMLのタグも<gx:altitudeMode>など<gx:********>というGE独自の拡張機能的なタグがかなり増えているようです。
その他微妙にナビゲーションの操作が変化したような。

面白い機能満載の新バージョンですが、リリース直後のバージョンということで、少々気になることも。

一つには、バルーンのスタイルを指定するタグの<BalloonStyle>ですが、ここで<textColor>と<bgColor>を指定すると、背景色が周囲のみ有効で、コンテンツ部分の背景が白く抜けてしまうこと。<textColor>を指定せず、<bgColor>のみ指定の場合は、きちんとバルーン全体に背景色が反映されます。

090204_1  090204_2

その他、Earthから火星に切り替えた時に、保留フォルダにアイテムがあっても保存のダイアログが出ず、クリアされてしまうこと。

いずれにしても、細かいバグは順次修正されていくでしょう。
新しい機能はどれもなかなか面白いバージョンアップでいろいろ楽しめそうです。他にはどんな機能UPがあるんでしょう。

|

« AGtoKML Mapの修正 | トップページ | Google Earth 5.0のバルーンでiflameを試す »

Google Earth TIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/43957025

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earth 5.0:

» Google Earth 5.0 [アジエンス 浅田真央 やじうまプラス 動画]
Google Earth 5.0Google Earth 5.0 で何ができるか デモ動画を集めてみた「Google Earth 5.0がリリースされた」そして!!「Google Earth 5.0」公開、海底探検や過去の画像の閲覧が可能に海底探索もOK! 「グーグル・アース」に4機能追加東芝、グラフィックを強化したウェブモデル「dynabook Qosmio WXW」を追加... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 00:17

» google earth wiki [わくわくしたい]
最新のGoogle Earthで海底がリアルにGoogle Earthのページをブックマークしたものがサイドバーに数日表示されたため、 Googleサイトの方にリンクが出来上がり、それ経由でここに来る方が増えてしまった。 だからというわけではないけれども、Google Earth最新版を取り上げてみます。 ...(続きを読む) Google Earth で海底探検(2009.02.04)Google Earth がバージョンアップされVer5.0となった。 このバー...(続きを読む) G... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 01:05

» google earth 海底探検 [結婚式は]
Google Earth 5.0Google Earthがメジャーバージョンアップして Google Earth 5.0 になりましたね! 今回は盛りだくさんの機能追加です。 海洋のコンテンツの追加 ちょっと前から海洋部分の描写が変わって、海底の様子がわかりやすくなっていましたが、今回なんと海にも ...(続きを読む) 「Google Earth 5.0」を公開。海底や火星を探検できる他にも機能を強化。Google Earth 公式サイト - http://earth.google.co.jp... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 03:30

» google earth 海底 [毎日のラッキーカラーの決め方]
Google Earth APIをC言語で扱うことができますか?以下のサイトのC++をC言語仕様に...Google Earth APIをC言語で扱うことができますか?以下のサイトのC++をC言語仕様にしたいと考えています。http://chihara.naist.jp/people/STAFF/imura/computer/misc/google_earth_com_api/disp_contentできれば、サンプルプログラムをお願いします。APIの知識が無いので、大変困っています。自作のC... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 04:11

» 「Google Earth」v5に隠し機能として火星のロボットが存在することが判明 [無料でダウンロード!!]
 Googleの非公式ファンサイト“Google Operating System (Unofficial Google Blog)”によると、2日に公開された「Google Earth」v5.0のベータ版に、隠し機能として火星にロボットの“Meliza”が存在することが判明した。“Meliza”は一般に“人工無脳”と呼ばれる自動会話プログラムで、火星の地形などについて話してくれる。  ロボット“Meliza”と話すには、まず「Google Earth」を火星モードにし、検索欄から“Meliza”を... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 23:51

» 衆院選結果2009 [GE Maniacs]
皆様は今回の衆院議員選挙2009は行って来ましたか?大方の予想通りというか、当然の結果というか、今回は民主党の圧倒的勝利という形、しかも、前回の選挙と異なり、単独300議席越えという結果となり、いいんだか悪いんだか・・・・。正直言って、あまりブログでは政治については語りたくはないのですが、前回といい今回といい、ちょっとバランス感覚がなさすぎだなぁと思うこと然り。また、世ではこれまでの状況をねじれ国会などと揶揄していたところも多かったですが、そもそも、国会は対決の場所ではありません。お互い二大政党とい... [続きを読む]

受信: 2009.08.31 12:35

« AGtoKML Mapの修正 | トップページ | Google Earth 5.0のバルーンでiflameを試す »