« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.19

AGtoKML Mapの修正

AGtoKMLのMap部分の修正をしました。
本体の修正ではありませんのでプログラムをダウンロードしなおす必要はありません。自動的にあたらしいMapが表示されます。

AGtoKMLで緯度経度が取得できないとコメントを頂きましたので、エラーの種類を絞り込めた方がよいと思い、「Search!」ボタン(以前は「GO!」ボタン)をクリックした場合にStatusCodeを取得するようにしました。

AGtoKMLの表から自動的に緯度経度を取得している場合にはStatusCodeは取得しません。StatusCodeを特定するには、確認したいデータを選択して下部のMapにデータの住所が表示されたのを確認してから、「Serach!」ボタンをクリックしてください。StatusCodeの欄に3桁の数字が表示されます。
正常に取得できた場合には「200」と表示されますが、取得できていない場合には以下のいずれかになると思います。
エラーの場合のコードの意味は下記の通りです。

500
G_GEO_SERVER_ERROR:ジオコーディングまたはルート要求を正常に処理できませんでした。失敗の正確な理由は不明です。
601
G_GEO_MISSING_QUERY:HTTP q パラメータは、見つからないか値がありませんでした。ジオコーディング要求の場合、これは入力として空の住所が指定されたことを意味します。ルート要求の場合、これは入力でクエリが指定されていなかったことを意味します。
602
G_GEO_UNKNOWN_ADDRESS:指定された住所の対応する地理的位置が見つかりませんでした。これは、住所が比較的新しいか、正しくないことが原因である可能性があります。
603
G_GEO_UNAVAILABLE_ADDRESS:法的または契約的理由により、指定された住所のジオコードまたは指定されたルートクエリの経路を返せません。
604
G_GEO_UNKNOWN_DIRECTIONS:GDirections オブジェクトがクエリで指定された地点間のルートを計算できませんでした。これは、通常、2つの地点間の経路が入手できなかったり、その地域の経路選択データがないことが理由です。
610
G_GEO_BAD_KEY:指定されたキーが無効であるか、指定されたドメインと一致しません。
620
G_GEO_TOO_MANY_QUERIES (620) 指定されたキーが24時間内に要求制限を越えました。

Google Japan Blog」によると一人当たり24時間に15000件の制限があるようです。これを超えた場合に「620」のエラーが返ってきます。この場合にはしばらく時間を置く必要があるようです。また、あまりに頻繁なリクエストを送り続けるとアクセス制限を受ける可能性もあるようです。
このように大量なジオコーディングを予測しておりませんでしたが、念のためリクエストを軽くする処理をしました。
また、大量のジオコーディングを行ったあとにMAPを表示したまま表のスクロールを行うと、各データの場所を表示しようとしていちいちリクエストを送ることになるので、大量のデータのスクロールはMapを表示せず行うようにしていただいたほうがよいと思います。

AGtoKMLに使用しているMAPはサイドバーの「ジオコーディングできるページ」のMAPですので、こちらでもStatusCodeを見ることができます。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »