« AGtoKML KME Avira Antivirでの誤検出は解決 | トップページ | ThinkPad R61eのCPU交換 »

2008.11.18

ThinkPad R61eのHDD交換

ThinkPad R61eのHDDが80GBで、ちょっと少ないので320GBのものに交換しました。
もともと入っていたものは日立の5400RPMのもの(HTS542580K9SA00)。
交換したものは同じく日立のHTS543232L9A300で容量が320GBに増える以外はほとんど同じです。

R61eのAccess Helpの「ハードディスクドライブのアップグレード」で交換手順を見るといたって簡単で、電源を切り、バッテリー、AC電源をはずして本体を裏返し、HDDの格納場所のふたのねじをひとつはずせばHDDを引き出すことができるというわけで、デスクトップのHDD交換よりはるかに楽です。 
実際にも交換は簡単でしたが、ひとつヘルプにない手順が必要でした。Access Helpでは

ハードディスク・ドライブからサイド・ラバー・レールを取り外します。次に、サイド・ラバー・レールを新しいハードディスク・ドライブに取り付けます。

とあり、その後すぐにドライブベイにサイドラバーをつけたHDDドライブをはめ込むようになっていますが、オリジナルのHDDには側面4つのねじで金属のトレイが裏面に取り付けてあります。HDDを引き出すためのタブもその金属板についていますので、サイドラバーだけでなく、この金属トレイも付け替えておく必要がありました。
ヘルプに手順がないのは多分Lenovoから純正品のHDDを購入すればもともとついてくるのだと思われますが
、当然用意しているのはバルクHDDですのでこのようなトレイはついていません。
というわけでねじ1本ではなく総計ねじ5本をはずす必要はありますが、金属板の取り付けも特に難しいこともないので、元のHDDについていたように付け直し、サイドラバーをはめてドライブベイに戻し、ふた部分をはめ、ねじ止めして交換は終わりです。
(画像HDDの左側の黒っぽい部分がトレイのようになっている金属板)

Dsc_4299

その後、BIOSでの認識を確認してから購入直後作成しておいた再インストール用のリカバリーDVDでWindowsXPを再インストール。結構時間がかかるので途中買い物に出かけてしまったので実際にどのくらいかかるものか計り損ねました。
新しいHDDはどのみちリカバリー途中ですべてフォーマットしなおされるものと思っていたので、フォーマットもせずに購入時のままの状態です。
再インストール後、元のHDDとの容量差部分のパーティションはどうなるのかと思っていましたが、320GBを1パーティションとしてすべて認識していました。(訂正)リカバリー領域を除いた部分のすべてを、Cドライブの1パーティションとして認識していました。
しかし、せっかくの容量なのでデータ用にドライブを分けたいと、HDDの分割で検索してみたところ、EASEUS Partition Manager Home Editionというツールがフリーで使えるのを見つけました。システムの入った領域のパーティションを後から分けるのにフリーツールというのもちょっと怖い気もするのですが、だめならもう一度リカバリーすればいいという気楽な状態なので使ってみることにします。

EASEUS Partition Manager を起動すると現在のHDDの様子がわかりやすく見えて、リカバリーディスクからの再インストールならばちゃんとHDD内からのリカバリー領域も作られているのがわかります。この領域は隠してあるので通常は見えません。
ドライブの大きさも横に長いグラフのようになっている図の境界線をドラッグすれば簡単に小さくすることができ、きちんと数値で入れたければ、下部の入力ボックスに数値で指定することもできて、日本語のツールではありませんがとても使い方のわかりやすいツールです。

Cドライブをクリックして「Resize/Move Partition」で60GBまで小さくしてOKボタンをクリック、残った領域をクリックして「Create Partition」でDドライブを新たに作成しOKボタンをクリック。OKボタンをクリックしてもまだ実際には反映されませんので安心して設定してみることができます。実際に反映させるには設定を済ませてApplyボタンをクリックします。そして2度ほど再起動をすると、見事にDドライブができていました。隠し領域のリカバリーの領域も元と同じく一番最後に来ているようです。リカバリーディスクを作成してあればこの領域もツールで削除してDドライブにしてしまってもいいんですよね。5GBほど容量が増えるはず。
出来上がった
Dドライブにマイドキュメントを移し、54GBほどファイルを置きましたが、特に問題なく使用できています。

Ea_2

ブログ内の関連記事
ThinkPad R61e
ThinkPad R61eのCPU交換 

|

« AGtoKML KME Avira Antivirでの誤検出は解決 | トップページ | ThinkPad R61eのCPU交換 »

PC関連」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。通りすがりの者ですがちょっとお尋ねしたいことがありましてコメントさせてもらいました。R61eでOSをXPにされてますが内蔵のマイクは使用できていますか?またサウンドはconexant HD Audioでしょうか?
本当に通りすがりで申し訳ありません。

投稿: strikeeagleseven | 2008.11.21 05:43

こんにちは、strikeeaglesevenさん。

増設、換装する時くらいしかマニュアル類には眼を通していないので見た目マイクは見当たらないので気にもしていませんでした。
サウンドは確かにconexant HD Audioが入っています。もちろんマイク端子にマイクを接続した場合には普通に使えますが、マイクをはずすと録音は無音になります。
R61には内蔵マイクがあるらしいですが、Access Helpの「各部の機能と名称」→「ディスプレイとマルチメディア」→「内蔵マイクロホン」の項目の最後に
注: ThinkPad R61e モデルには内蔵マイクロホンは搭載されていません。
と記述されていますので、使用できなくて正解だと思います。
もしカスタマイズ等で内蔵されている機種があったとしたら、その場合についてはわかりませんです。
R61e実用的でしっかりしていていいですねー。とても気に入っています。

投稿: Bugsからstrikeeaglesevenさんへ | 2008.11.21 13:00

ありがとうございます。

こちらは自分の所有している型番の仕様を見てマイクロフォン内蔵と書いてあった為何かの不具合と思いlenovoサポートセンターまで電話しちゃいました。

Access Helpにそのような事が書いてある事を知りませんでしたよ~。

skypeを始めようと思いこの騒ぎになった次第です。

どちらにしてもこの機種は値段、性能からするとなかなか良いノートだと思ってます。

私もCPU換装を楽しみたいと思っています。

投稿: strikeeagleseven | 2008.11.21 18:13

サポートにお聞きになってstrikeeaglesevenさんのタイプもやはり内蔵ではなかったですか?
仕様表は確かにわかりにくいです。内蔵のようにも取れますね。
同じシリーズでもいろんなタイプがあるとどの仕様が当てはまるのか迷います。
CPU換装ができたら結構コストパフォーマンス上がるので私もいずれ・・保証は捨てます。

投稿: Bugsからstrikeeaglesevenさんへ | 2008.11.21 23:57

当たり前かのように付いていませんと言われましたよ!

昨日メモリ2Gにしたらそこそこ良くなりました。

cpu換装もT7100~T7300位でも良いかと思ってき

ました。

投稿: strikeeagleseven | 2008.11.24 05:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/43143314

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad R61eのHDD交換:

« AGtoKML KME Avira Antivirでの誤検出は解決 | トップページ | ThinkPad R61eのCPU交換 »