« お手軽なUSBオーディオデバイス [DenDAC] | トップページ | ThinkPad R61e »

2008.10.04

AGtoKML、KME2のHTMLエディタ-Avira AntiVirの誤検出について

08/11/17 追記
現時点でのAvira Antivirの定義ファイルでは、誤検出が訂正されて何も検出されなくなりました。Avira Antivirのインストールされている環境でも問題なく開くことができるようになりました。
下記の最後尾のHTML編集機能を省略した対策版ですが、HTML編集を必要としない場合もあるかもと思い、とりあえずそのまま残しておくことにいたします。

ここより元の記事

AGtoKML、KME2のファイル群に含まれるHTMLエディタ部分に使用するファイルがどうしたわけかAvira AntiVirのヒューリスティックでHTML.Malwareと誤検出されてしまいます。多分9月頃の定義ファイル更新からだと思います。
検出されるファイルは
AGtoKMLの実行ファイルと同じ場所にあるjscriptsフォルダ内の「AGeditor.html」
KME2の実行ファイルと同じ場所にあるjscriptsフォルダ内の「editor.html」
の二つです。
もちろんこれらはMalwareではありません。
ヒューリスティックは未知のウィルスの予知的検出ということで誤検出も比較的多いものですが、久しぶりにAviraの入っているノートでプログラムを立ち上げたら、いきなり検出されて超びっくりです。

なお、これらのファイルはノートンインターネットセキュリティ、ウィルスバスター(こちらは持ち合わせていないので、ネット上のスキャン)で試した限りでは問題ありません。

ヒューリスティックで検出されるファイルの内容は、Tiny MCEのサンプルHTMLに、document.writeでソース表示やHTMLをVBから取得するための画面に切り替えるスクリプトと各画面でのボタンの制御のスクリプトを加えただけのHTMLファイルです。アプリケーションからHTMLエディターを起動したときに表示されるものです。
TinyMCEはサーバー設置型のHTMLエディタですが、ローカルマシン内で利用することもできます。AGtoKMLやKME2では、TinyMCEに必要なファイルを全てローカルに保存して利用する仕様のため、これらのHTMLファイルがインターネットと通信したり何かを送信することは一切ありません。(編集中のコンテンツ内にインターネットへのリンクがある場合は、コンテンツ表示のためにネット接続を行う場合はあります。)

書き加えたスクリプトも単純なものなので、何が引っかかるのかよくわかりません・・・Javascript得意な方、誰か助けてー。

もしAvira AntiVirをお使いの方がいらしたら、対策としては検出されるファイルを除外(Exception)ファイルに加えていただくか、heuristicの設定をLowあるいはオフにしていただくということになります。

しかしそれでも不安だという場合は、とりあえず下記からダウンロードしたバージョンをお使いください。この対策版ではHTMLの編集をすることができませんが、その他の機能は変わりなく使うことができます。
それぞれダウンロードしたファイルを解凍すると、実行ファイルのみが出てきますので、既存のファイルと置き換え、Avira AntiVirによって検出されるHTMLファイルを削除してください。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

AGtoKML対策バージョン AG2KML_none_html_editor.zip

KME2対策バージョン kme2_none_htmleditor.zip

|

« お手軽なUSBオーディオデバイス [DenDAC] | トップページ | ThinkPad R61e »

AG2KML」カテゴリの記事

Bugsのツール」カテゴリの記事

KME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/42672514

この記事へのトラックバック一覧です: AGtoKML、KME2のHTMLエディタ-Avira AntiVirの誤検出について:

« お手軽なUSBオーディオデバイス [DenDAC] | トップページ | ThinkPad R61e »