« AGtoKML GeoCoding操作の流れ | トップページ | ジオコーディングのサイト »

2008.06.15

AGtoKML 003b2

頻繁な更新ですみません。AGtoKML V0.0.3b2です。

大体の予定の機能の追加が終わったので、AGtoKMLのサイトに簡単なドキュメントを置きました。しばらくはバグフィックスが主になると思います。

主な変更点
・住所欄の一括消去、Lon、Lat欄の一括消去のボタンを追加した。

住所の一括消去は、AG2KMLですべてジオコーディングした場合を想定したものです。
AGtoKMLではジオコーディングしてあっても、住所欄が記入してあればaddressタグを作成します。addressタグがあるプレイスマークは、バルーンの説明の最後にaddressタグの内容が表示されますので、これが必要ない場合は住所欄の一括消去をしてから出力すればよいと思います。

画面上部のツールバーのオレンジ色のボタンからこの機能が使用できますが、LonLatの記入がないデータについては消去しません。

Lon.Lat欄の消去については、なんとなくついでにつけてしまいましたが、どのようなときなら役に立つか作者自身もよくわかりません。全部のジオコーディングをやり直したいときくらいでしょうか。こちらも住所欄の記入の無いものは消去しません。

|

« AGtoKML GeoCoding操作の流れ | トップページ | ジオコーディングのサイト »

AG2KML」カテゴリの記事

Bugsのツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/41545369

この記事へのトラックバック一覧です: AGtoKML 003b2:

« AGtoKML GeoCoding操作の流れ | トップページ | ジオコーディングのサイト »