« KMLEditor2 V003b | トップページ | AGtoKML GeoCoding操作の流れ »

2008.06.13

AGtoKML 003b

AGtoKML V0.0.3bです。

前回のバージョンでGeoCodingを別画面を開いて行なうようにしていましたが、わかりにくいのでメイン画面のMAPでGeoCodingもできるようにしました。

また、マップ機能を使っていると動作は重くなりますので、単純に住所リストから直接Google Earthに出力するだけの場合はMap機能をオフにできるボタンをつけました。

これまでのバージョンと動作が変わった点が一つあります。
「すべての住所」をGeocodingするボタンをクリックした場合、すでに緯度経度情報を入力済みのデータがあってもすべてGeoCodingしなおしていましたが、緯度経度情報が入力してあるデータに関しては、スキップするようにしました。
「選択行の住所」をクリックしてGeoCodingした場合には、緯度経度情報の入力にかかわらず、選択されている行の住所はすべてGeoCodingしなおします。

Ag0003

|

« KMLEditor2 V003b | トップページ | AGtoKML GeoCoding操作の流れ »

AG2KML」カテゴリの記事

Bugsのツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/41517696

この記事へのトラックバック一覧です: AGtoKML 003b:

« KMLEditor2 V003b | トップページ | AGtoKML GeoCoding操作の流れ »