« AGtoKML:CSVの読み込み | トップページ | KMLEditor2 V003b »

2008.06.07

AGtoKML0.0.2b

AGtoKMLの手直しバージョンアップです。

「GeoCoding」の機能ですが、どうもこれまでの実装方法だとあまりよろしくないような気がしましたので、ちゃんとネットワーク上のHTMLを通してGeoCodingするようにしました。
そのため個々のmapKeyは必要なくなりましたので、mapKeyがなくてもすべての機能が使えるようになりました。
あまり数が多くない場合ならそこそこ使えるかと思います。

GeoCodingするときには別画面が開いて検索するようにしました。開いて直接検索窓に地名を入れて緯度経度を調べるのにも使えます。
ちなみにこちらのページです。

「Google Maps API(GClientGeocoder)でジオコーディングするサンプル」を参考にさせていただきました。

0607

|

« AGtoKML:CSVの読み込み | トップページ | KMLEditor2 V003b »

AG2KML」カテゴリの記事

Bugsのツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/41452419

この記事へのトラックバック一覧です: AGtoKML0.0.2b:

« AGtoKML:CSVの読み込み | トップページ | KMLEditor2 V003b »