« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.27

フォトオーバーレイ考察、というかあれこれ思案

フォトオーバーレイをいろいろ試してみています。
フォトオーバーレイはKMLが2.2になったとともに新しく作れるようになったもので、とても効果的、印象的な機能だと思っています。

追記:5/5
ここから後の記事のフォトオーバーレイとタイムスケールの日付の不具合は、バージョン4.3.7204.0836(beta)で改善されました。快調にフォトオーバーレイを作成することができます。

Google Earth上からも前バージョンから単純なフォトオーバーレイは作成できました。が作成するのにもいろいろバギーなところがあって、苦労の甲斐なくGoogle Earthが突然終了する、といった悲しい目に会いすぎ、テスト的には作ったものの、コンテンツとして数を作るのはとても無理と思えたものです。
今回のバージョンアップ(4.3.7191.6508(beta))でどうなったかというと、うちの環境では実はかなり微妙。とはいえ、前バージョンよりは安定したのも事実で、すくなくとも作成中に不正に終了することはほとんどなくなりました。

微妙な点は、フォトオーバーレイの作成時、作成タブの写真の調整をいじると、いきなり地球がくるくる回って宇宙に放り出されてしまうことがあるのです。こうなる時は、動いてはいけないはずのカメラ位置の緯度経度も、他の調節バーを動かしただけで勢い良く他の場所に変わってしまいます。

まともな場合は、ビューのフィールドや傾斜をゆっくりとタブの調整バーで動かして丹念にあわせれば、当然緯度経度は不変で、効果的なフォトオーバーレイがちゃんとできるのですが、駄目なときは全然駄目。仕方ないので調整バーを触らず画面をマウスで動かして調整しますが、これでは相当の忍耐が必要です。

さて、きちんと調整できるときと、僅かにバーを動かしただけでとんでもないところに飛ばされてしまうときの差は何?いくら見てもKMLを見ても、画像の大きさを変えてみたりしてもわかりませんでしたが、いろいろ試した結果、どうやら、位置調整をしようとしたときの傾斜角度にあるようです。

傾斜が90度以上だと問題なく調整できる。
傾斜が90度を切るととんでもなく写真が走り回る。

大雑把に言えばGoogle Earthの地平線が画面中央より下にあればいいということです。高いところから見下ろしたような写真を貼ろうとするととんでもなく苦労すると。

これって仕様?うちのPCのせい?それともバグでしょうか。バグなら次には快適に作成できるでしょうから楽しみに待っていることにします。皆さんの環境ではいかがですか?

さて、他にもGoogle Earth上からでは作成できない、大きなサイズの画像を使ったもの、横長のパノラマを丸めたようなもの、ストリートビューで見られるような球体の360度パノラマなどの実験をして見ました。これらも右サイドバーにある「あちこちふらりフォトリンク」の「パノラマフォト」の中の「フォトオーバーレイ」のフォルダにいくつか入っています。黒いカメラアイコンの2枚がGoogle Earth上で作成したものですが、この角度ではどちらもまともに「写真を追加」の「写真」タブでの調整は不可能でした。手動で画面を動かしつつこの辺であきらめた、というものです。

「フォトオーバーレイ」フォルダは本当に実験的なものなので、コンテンツ自体はバルーンで見るパノラマと重なっていたりします。横長パノラマはこちらだけかな。
いかに簡単にフォトオーバーレイを作れるか試行錯誤中ですが(それほど成功していない)、また、その辺の経緯を別のエントリーで書きたいと思います。

さて、上記のようなことがあるにせよ、写真をいじっても不正終了は激減して、現バージョンについては今のところ快調です。前バージョンで終了時にたまにお気に入りが保存できなかったといわれて凹んでいたのがすっかり無くなりました。

細かく言えば気になる点としては
・画像の読み込みの進み具合を示す「%」が出なくなった?結構見てたのに。
・サイドバーのお気に入りのアイテムが、フォルダを開いて縦にすごく長くなっていると、アイテムを選択してダブルクリックしたとたんに、全然別の場所のアイテムにカーソルが飛んで関係ないアイテムを開いてしまうことがよくある。Google Earthのせいか、ビデオカードとの相性なのかよくわかりませんが。
・視点の角度の自由度などとても良くなっているんだけれど、まだ操作に慣れない部分はあって思い通りに動かせないときがある。早く慣れなさい、私。
・太陽表示にしたときにタイムスケールの日付が変。今日は4月年20087日になっている。

いろいろ、もしバグなら次回、直っているのを期待しつつ。

5/5:期待通り大きな不具合は直っています。サイドバー表示はアイテムが多すぎるフォルダを開いていたりするとまだちょっとおかしいかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.04.25

隅田川(晴海運河) 相生橋の中ノ島のパノラマ

お台場のほうに出かける用事があったので、ちょっと見てみたかった場所に行きました。

Google Earthで橋の真ん中に島があるのが見えるのです。隅田川晴海運河の相生橋です。島がどうなっているのか確かめてみたかった、それだけなんですが。
実際行ってみると、車では橋の下に隠れて気がつかないくらい小さな島でした。橋の歩道から豊洲の見える側に降りられます。飛び石のように並んだ円柱の上を渡って橋の下をくぐり、反対側に出ることもできます。水のない池のようなところがありますが、満潮になると池の中に潮があがってくるようです。行ったときには空っぽでした。
豊洲のビル群が真正面に見えます。のんびり本を読んでいる人が二人ほど。つりをしている人が一人。
橋は中央区と江東区を結んでいます。中央区側の隅田川晴海運河沿いを少し歩いてみましたが、都心からすぐで、目を上げれば高層ビル群が見えるのに、古びた感じの下町らしいちょっと不思議でなんだかとても良い感じのところでした。

追記:4/25 もう少し調べてみたら、正確には「隅田川支流晴海運河にかかる橋」だそうです。確かにこの少し手前で佃をはさんで二手に分かれ、河口に向かっています。
東京探訪」さまの「相生橋」のページを参考にさせていただきました。橋の様子がよくわかります。

Google Earth上では400ピクセル幅のFLASHパノラマをごらんいただけます。
大きなパノラマは以下の画像をクリックするとQTVR(CubicVR)でご覧いただけます。
パノラマの画面はマウスでつかんでぐりぐりすると左右上下どこでも好きな部分を見ることができます。また、Shiftキーを押すとZoom in、Ctrlキーを押すとZoom outします。

写真系の自作のプレイスマークは、Google_earth_link あちこちふらりフォトリンクに全てまとめるようにいたしました。
パノラマプレイスマークはあちこちふらりフォトリンクを開いて「ふらりパノラマ」の中の「FlashVR」フォルダに入っています。上のほうが新しいプレイスマークです。

ブラウザでパノラマをご覧になるには下の画像をクリックしていただくと、QTVRのパノラマがごらんいただけます。

相生橋 中ノ島:QTVR
Nakanosima_cube_eout

Google Earthのパノラマや上記のパノラマがご覧になれない方は「新宿御苑パノラマ」のエントリーを参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和記念公園 パノラマ

最近花が咲く季節になったので(花に詳しいわけではないが)あちこち公園の散歩がくせになっています。まだ一度も行ったことの無かった昭和記念公園に午後から急に思い立って行って見ました。
午後から出かけたのは間違いでした。広い広い・・。しかも5時にはきっちり閉まるので、ほんの数時間では駆け足で3分の1も回ってないかも。北側にある砂川口から入場したので、こもれびの里、こもれびの丘、日本庭園と回ってようやく原っぱに到着して時間切れでした。次回は朝から出かけましょう。

パノラマは日本庭園の2カ所です。池を中心にして落ち着いた広々した庭園が広がり、良い雰囲気のところです。

Google Earth上では400ピクセル幅のFLASHパノラマをごらんいただけます。
大きなパノラマは以下の画像をクリックするとQTVR(CubicVR)でご覧いただけます。
パノラマの画面はマウスでつかんでぐりぐりすると左右上下どこでも好きな部分を見ることができます。また、Shiftキーを押すとZoom in、Ctrlキーを押すとZoom outします。

写真系の自作のプレイスマークは、Google_earth_link あちこちふらりフォトリンクに全てまとめるようにいたしました。
パノラマプレイスマークはあちこちふらりフォトリンクを開いて「ふらりパノラマ」の中の「FlashVR」フォルダに入っています。上のほうが新しいプレイスマークです。

ブラウザでパノラマをご覧になるには下の画像をクリックしていただくと、QTVRのパノラマがごらんいただけます。

日本庭園 桜:QTVR
Syowa1_cube_0_eout_2


日本庭園 池:QTVR
Syowa2_cube_eout

Google Earthのパノラマや上記のパノラマがご覧になれない方は「新宿御苑パノラマ」のエントリーを参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小金井 江戸東京たてもの園 パノラマ

都立小金井公園の中に江戸東京たてもの園という江戸時代から昭和初期にかけてのさまざまな歴史的に価値のある建物を移築保存している珍しい野外博物館です。
東ゾーンの下町風情の銭湯「子宝湯」は宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』の油屋のモデルとしても有名です。

Google Earth上では400ピクセル幅のFLASHパノラマをごらんいただけます。
大きなパノラマは以下の画像をクリックするとQTVR(CubicVR)でご覧いただけます。
パノラマの画面はマウスでつかんでぐりぐりすると左右上下どこでも好きな部分を見ることができます。また、Shiftキーを押すとZoom in、Ctrlキーを押すとZoom outします。

写真系の自作のプレイスマークは、Google_earth_link あちこちふらりフォトリンクに全てまとめるようにいたしました。
パノラマプレイスマークはあちこちふらりフォトリンクを開いて「ふらりパノラマ」の中の「FlashVR」フォルダに入っています。上のほうが新しいプレイスマークです。
これまでエントリーで紹介してこなかったパノラマも少し入っています。

ブラウザでパノラマをご覧になるには下の画像をクリックしていただくと、QTVRのパノラマがごらんいただけます。

下町ゾーンのパノラマ:QTVR
Tatemono_cube_0_eout

農家の庭:QTVR
Nouka_cube_0_eout

Google Earthのパノラマや上記のパノラマがご覧になれない方は「新宿御苑パノラマ」のエントリーを参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.21

日本のストリートビュー?「LOCATION VIEW」

先日のエントリー「Google Earth4.3のストリートビュー」にかつおさんよりコメントを頂いて、この「LOCATION VIEW」というサービスを知りました。
すでに9000万ヒットのページだというので知らないのは私だけ、な気もしますが、あんまり面白いのでご紹介します。

LOCATION VIEW」では、現在道が登録されているのは、東京、大阪、名古屋、横浜、川崎だそうです。ページに行くとログインが必要ですが、とくに登録しなくてもゲストログインできます。

とにかくびっくりするのは車が入れれば路地のような道でもかなりの確立で映像があるということです。試しに昨日散歩をして立ち寄った、久我山稲荷の前の細い通りに行ってみましたが、ちゃんと映像があるのに驚き!その画像が下の画像です。
我が家の前の通りはさらに細い一方通行の道なので、さすがにないだろうと思いましたが、これもちゃんと家の前を通ることができました。思わず「おおお!」です。

上記の都市で駅がある程度の範囲にあるところならほとんど表示されるようです。画像が無い地域はMAPがグレーになっています。
見たいところを地図でクリックして「ここへ飛ぶ」で移動し、そのままマウスのスクロールボタンでくるくるして移動しても良いし、(道が分かれているところでは矢印が出て行く方向を選択する)あらかじめ目的地をクリックして「ここへ行く」をクリックすると、最初の地点からのルートが作られるので、あとはマウスをくるくるするだけで目的地まで見ることもできます。かなりスマートに操作できる感じです。

追記:画像の右上の「FRONT」をクリックすれば交差点まで勝手に動いてくれるし、その横の丸い「AUTO」も同時にクリックすれば、交差点でも止まらずに適当に進んでくれました!おまかせドライブの助手席気分です。面白すぎる

下の画像のMAPの上のタブを切り替えることで、上下とも違う方角の映像にしたり、映像のみ、大きくしたりすることもできます。

すごいですね。しかも都心など場所によっては、夜の風景も見られたり。
さすがに画像は荒いですが、充分、場所の雰囲気はわかります。知っている場所だとなお面白い。これからどんどん地域が拡大されているのが楽しみです。

本当に楽しいです。面白いページを教えていただいてありがとうございます。

追記:またまたコメントで好きなビューをブログパーツにできると教えていただきました。さっそく、今日(4/23)通りかかったビッグサイトのエントランスにグサッと突き刺さっているのこぎり?が見えるところを貼り付けてみました。わかるかな?

ちなみにこの鋸、Google Earthの3Dモデルで見ることができます。
場所  35.63062650924,139.79290096354

04212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Earthの太陽が

リアルタイムに動いていくと信じ込んで、日没の太陽が沈むのをじっと待っていた私があほでした。

真実に気がついて、タイムスケールのメーターで思うさま日の出と日没を楽しみました。

次はもうちょっとましな記事を書きます。
せめてものニューヨークの早朝の画像。

0421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.17

Google Earth4.3のナビゲーションその2

Google Earth4.3の設定で、ツール→オプション→ナビゲーションで「ズーム中に自動的に傾斜」にチェックが入っていると、画面右の高度を変えるバーでぐっと高度を下げると、画面が傾斜して3Dモデルを正面から見やすくなっています。高度を上げると傾斜が戻って地表を上から見るようになります。標準でこのモードになっていると思いますが、このモードの時は、ナビゲーションバーを操作するとき、「丸に十字のようなポインタ」が画面の中心に現れます。
画面をダブルクリックしたり、マウスのホイールをまわして高度を下げていったときには、傾斜はつきません。3Dモデルを見るときではなく、普通に地点の確認をするのにはこれがないと困ります。いちいち毎回画面を倒されてもたまらないので。

さて、さっき気がついたのですが、地表で右クリックして上下にドラッグで高度を変えると、上と同じ「丸に十字のポインタ」が現れて右のナビゲーションバーを操作したときと同じようになるのですね。地点を特定して高度を下げるのにはこちらのほうが便利。
特定の3Dモデルのすぐ下の地点で右クリックしそのまま下のほうにドラッグして高度を下げるとモデルの正面が簡単に表示されます。後は一番上のナビゲーションボール?で向きや見上げる角度を調整すれば大きな建物モデルを真下から見るのも簡単です。これまでとは段違いに3Dモデルが見やすく、また右クリックとダブルクリックを使い分ければ普通に地表まで降りるのも簡単と、細かいところの操作性がよくなっていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Earth4.3のナビゲーション

ナビゲーションが一新された4.3ですが、実際狙った視点に画面を設定するのが大変楽になったように思います。また、地平を傾けていたときにドラッグするととんでもないところまで飛んでいってしまうようなことがなくなりました。

中でも面白いと思うのは、見上げる視点が簡単にできるようになったことでしょうか。通常モードの操作ではビルなど水平線以上に見上げるのはできませんでした。上のほうのナビゲーションの丸の中をマウスでクリックしながら上のほうへドラッグしていくと、画面が傾斜して行きますが、これまでと違って水平線を越えても傾斜し続けてくれます。だから大阪の素晴らしいSeaGate BlogのSeaGateさん作成のビル群も簡単に見上げることができちゃうと。

「太陽表示」や「雲」とのコラボもいけてますね。太陽表示がオフならばSeaGateさんの3Dモデルの画像のように真上に太陽が見えますが、オンにしてあれば、下の新宿西口の画像のように時間帯によってあるべき位置に太陽が見えるし、夜なら星空がみえる。面白いですね。*なぜか今日は雲のレイヤが表示されない・・・

残念なことに見上げた視点でプレイスマークを作ってみましたが、やはり<camera>タグが付加されるわけではなさそうで、視点の保存はできないようです。ですから現在のビューのスナップショットでも見上げる視点は保存できないので、Google Earth上から簡単に保存するのはまだ難しいようです。

追記:タイトルを「Google Earth4.3のナビョン」となんとなくやたら恥ずかしいタイプミス・・・あわてて直しました。いやだわん

大阪のビルを見上げる
0417_1

新宿西口の夕方
0417_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.16

Google Earth4.3のストリートビュー

新バージョン4.3の目玉の一つに「ストリートビュー」がありました。
レイヤーのストリートビューにチェックを入れてアメリカを見てみると、ずらりとカメラアイコンが並んで、一つ一つが球体の360度パノラマになっています。クリックして球体の中に入るとパノラマが見られますが、同時に他のカメラアイコンも中から見えるのでそのアイコンをクリックすることで見たい方向のパノラマに移動するというもの。

ほお、ストリートビューはこういう仕組みなんですね。(ってどういう仕組みなんだか)
球体が見えるので結構無理やり感というか、力技っぽい感じがあってそんな意味でも面白い。

0416_2

0416_3

0416_4

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Google Earth 4.3.7191.6508 (beta)

先ほどGoogleアップデータを動かしてみたらGoogle Earthが4.3になっていました。
ぱっと見に一番大きな変更は、以前Day+Night(ちょっと違う名前だったかも)のオーバーレイで表示されていたような、昼と夜の描写が、Google Earth自体で表示できるようになったということと、ナビゲージョンが方向と傾きを一度にマウスでくるくるできる操作に変わっているあたりでしょうか。

追記:書き忘れ:昼と夜の描写は、ツールバーの表示→太陽にチェックを入れると見ることができます。

前バージョンでたまに終了時に「お気に入りが保存できませんでした」とがっくりすることを言われてたのが直っているといいなあ。

0416

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2008.04.15

KMLEditorのバグ修正 0.0.0.6

KML Editor 0.0.0.6です。
今回は見つかったバグの修正のみです。
たくさんのプレイスマークを読み込んだとき、表のスクロールバーがおかしくなって全部表示されず、下に矢印キーなどで下げようとすると例外が起きていたのを修正しました。

*プログラムからデータを読み込んでいるとき、念のためDataGridView1.Enabled = Falseとかしておくと、Trueにしたときスクロールバーがついてきてくれないんですね。原因がわかるのに時間がかかった・・・

ダウンロードは物置部屋のKMEのページからお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.13

flickrAPIとKMLとPHP

前回のエントリーで、PHPを使って「あちこちふらりフォトリンク」を作成することにしたという記事を書きました。
flickrでもkmzを提供してくれていますが、バルーンにオリジナルデザインを付けたい、また、 PHPのテストおよび圧倒的な省力化が目的でした。まず考えたのはKMLを作成するPHPをネットワークリンクで表示させること。
ということで最初に作ってみたフォトリンクは以下です。(撮影場所は後述の理由によりあとから入れました。)

あちこちふらりLフォト版(写真表示があちこちふらりフォトリンクよりかなり大きいです)

このフォトリンクはPHPでflickrの「Google Earth」セットに含まれる写真をダイレクトに処理してKMLを作っています。
リクエストをこんな感じでおくり、PHP5のSimpleXML関数で処理してみました。
(はみ出してしまうので途中で改行しています。)

$xml = simplexml_load_file('http://api.flickr.com/services/rest
/?method=flickr.photosets.getPhotos&api_key={key}
&photoset_id={photoset_id}&extras=geo,date_taken,tags');

{key}と{photoset_id}にはそれぞれのものを入れます。
flickr.photosets.getPhotosメソッドで緯度経度や写真の撮影日、タグの内容も追加して取得するためにextras=geo,date_taken,tagsを最後に付け加えてリクエストを送ってます。
flickr.photosets.getPhotosメソッドのリファレンスではextrasにgeoやtagsの表記がないのですが、実際やってみると、ちゃんとそれぞれの情報が帰ってきました。ラッキー。だめならflickr.photos.searchメソッドを使うしかないですが、これでは私がflickrにアップした写真の全てが対象となってしまうので、多すぎる。

で、帰ってきたXMLを次の例のように変数に置き換えて文字列内に挿入し、、foreachで次々とkmlの文字列を作成しています。

foreach($xml->photoset->photo as $photo){
$id = $photo["id"];
$title = $photo["title"];
$lat = $photo["latitude"];
$lon = $photo["longitude"];

このフォトリンクなら、flickrに一度リクエストを送るだけですむので我が家の環境では5秒以内くらいに表示されます。当初の目的のflickrに位置情報をつけた写真をアップロードするだけの手間いらず、後はPHPにお任せ!を果たせます。

しかし・・従前のあちこちふらりフォトリンクにはちゃんと説明が入れてありました。中には何にも書いてないのもあるけれど・・。常識的に考えれば、私の文章にいくらの価値も無いので正直なところ上のリンクでいいじゃん!という感じなのですが、flickrには説明を書き加えることができる、なのにそれを引っ張って来れない。以前のネットワークリンクよりスペックダウンする。というのが悔しいじゃないですか。

ということでやってみました。
大変なことでした。説明を引っ張ってくるには、flickr.photosets.getPhotosメソッドで取得したそれぞれの写真のidを元に、一枚一枚flickr.photos.getInfoのリクエストを送って、各写真の詳細情報を取得しなきゃいかんというわけなんですね。現在、180枚近くの写真がGoogle Earthセットにアップロードしてありますのでこの枚数プラス最初の1回のリクエストをflickrに送らなきゃいけないと。

この時点で最初の挫折です。直接ネットワークリンクにするのは不可能なほど表示までにまたされます。3分くらいはかかる?
作戦変更というわけで、PHPでネットワークリンク用のKMLを書き出さしてファイルとして保存させるようにしてみました。このファイルにネットワークリンクでリンクさせれば表示にかかる時間は問題なくなります。アップロードしたら書き換えれば良い話。
もともとのあちこちふらりフォトリンクとほぼ同じ構成にできるように、region locality も取得して、東京23区、東京市部、その他の県にフォルダ分けもPHPで行います。
最初のフォトリンクは、直接KMLを文字列で書き出していましたが、フォルダ分けしたいので、テンプレートとして3つの必要なフォルダ(なかは空)だけのKMLファイルを作成して、PHPでそれを読み込み、regionやlocalityの値によって振り分けてフォルダ内に要素を追加していきました。
$placemark=$kml->Document->Folder[0]->addChild('Placemark');
$placemark->addChild('name',$title);
こんな感じで必要なKMLのタグを追加していきます。

で、ようやくクリック一つでflickrのGoogle Earthセットの写真を全てKMLとしてファイル保存に成功です。
さて、実際に動かすネット上のレンタルサーバに移して実験。ん?エラー??!何度か試すけれど、ファイルが作成できません。500なんちゃらエラーです。
しかし全然動いていないというわけでもなさそうなので、一枚一枚の写真の処理のループごとにブラウザに数字を書き出させるとおおむね5割くらい行ったところですっと終わってしまいます。何度か試した後、ふと、止まるまでの時間を計るときっちり60秒。結局niftyのlacoocanはCGIの実行時間は60秒に制限していますだってさ。php.iniなどは触らせてくれないようです。
ここで第2の挫折。

ふたたび、作業場所はローカル環境に戻り、結局ローカルサーバでKMLを作成してアップロードすることにしました。いきなりファイルを書き換えてしまっても、エラーが起こればファイルが真っ白になったりすると困るから、これはこれで良いか。クリックしてアップロードするだけだわ・・・。

さて、できたネットワークリンクをにんまりして眺めていたら、妙なことに気がつきました。富士見ケ丘のグランド、杉並区なんですけど、なぜか東京市部のフォルダに???東京市部に分けられている高源院も世田谷区北烏山なんですけど・・・。Google Earth上ではまともな位置に表示されています。おかしいと思ってflickrの写真ページを見たら、なんと全部「Mitakashi, Tokyo Prefecture」と表示されてました。境界に近いと駄目なのか(しかし富士見ケ丘のグランドは三鷹市ではなく世田谷区との境目)と思いきや、環八の高井戸のところまで「Mitaka-shi」になっている!縦線入ったちびまる子の心境です。
フォルダ名を都心部、周辺部にでも分けようかとも思ったんですが、これまた悔しいじゃないですか。結局力技でタグにbasyo1東京都世田谷区、とか無理やり全部入れました。それを元にフォルダわけするようにしました。もし場所のタグを入れ忘れたときは三鷹市大好きなflickrさんの分け方に従うようになってます。

ということで、もっとも大きな挫折は余分な仕事を一つ増やしてくれた最後の部分ですが、それでも、flickrにアップロードさえすればとりあえずKMLが作れるということで今は満足です。

追記:このエントリー、超長い・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.04.12

あちこちふらりフォトリンクとPHP

あちこちふらりフォトリンクのコンテンツを増やしました。

0412

以前のあちこちふらりフォトリンクを保存していただいている場合でもプレイスマークは表示されますが、リンク先が変更になっていますので上記か右サイドバーからもういちどダウンロードしていただくようお願いいたします。

さて、このあちこちふらりフォトリンクですが、怠け者の私には一つ一つプレイスマークを作っていくのはちょっとだけ面倒くさく、下手な写真は溜まってもフォトリンクはつい放置してしまいがち。公開してるのにこれではいけない!というわけでいかに手を抜いてコンテンツが作れるか挑戦してみました。

これまで写真を貼るテストもかねていたので、ローカルな写真、あちこちの写真サイトの写真等、いろいろプレイスマークに表示させていましたが、全部Flickrで管理することにしました。FlickrではAPIが公開されていて、PHPを利用してKML作成には都合がいいからです。
ちょうど他の件で必要があってローカルサーバ環境を整えたのでPHPのテストをしやすくなったというのもあります。

これまでちまちま作っていたプレイスマークを、これからはコンテンツの中身は全てFlickrのほうで入力管理する。コンテンツの修正もFlickr側でする。そしてPHPで一気に自動でプレイスマーク集を作成するという手順で、圧倒的な省労力をはかり、なおかつ写真置き場としてあまり整理していなかったFlickrのページもタイトルや説明をつけて充実するという一石二鳥を狙ったものです。

結果から言えば思惑の90%くらい達成できました。いくつか凹む要素があって思惑よりも手数が増えたところがありますが、また別のエントリーで書きたいと思います。それでもFlickrにアップすれば簡単にフォトリンクも作れる環境ができて自分的には大成功だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.03

富士山がきれいな雪景色に

Google Earthの画像のアップデートがあったようですね。
今見たら富士山がきれいに雪景色になっていました。これまでずっと赤茶けた山火事の後のような画像だったので、これはちょっと嬉しいです。先日春休みであそびにきた甥っ子を連れて都庁の展望台に上ったとき、遠くに富士山が雪をかぶって真っ白に見えました。富士山には雪が良く似合いますね!

話が違いますが、都庁の北展望台からの超高層ビル街方向の展望窓はカフェ&バーのカウンターになっていて、そこに入店しないと見ることができないんですね。この日は北側しか開いていませんでしたが、南側の展望台からはこの方向も見られるんでしょうか。お茶は都庁を出て外の店によりました。

0403_5   

都庁北展望台からの富士山
Dsc_3045_c_3

富士山 35.362222758141,138.73123729615

東京都庁 35.68943771132,139.69160495314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »