« Google Earth4.3のナビゲーション | トップページ | Google Earthの太陽が »

2008.04.17

Google Earth4.3のナビゲーションその2

Google Earth4.3の設定で、ツール→オプション→ナビゲーションで「ズーム中に自動的に傾斜」にチェックが入っていると、画面右の高度を変えるバーでぐっと高度を下げると、画面が傾斜して3Dモデルを正面から見やすくなっています。高度を上げると傾斜が戻って地表を上から見るようになります。標準でこのモードになっていると思いますが、このモードの時は、ナビゲーションバーを操作するとき、「丸に十字のようなポインタ」が画面の中心に現れます。
画面をダブルクリックしたり、マウスのホイールをまわして高度を下げていったときには、傾斜はつきません。3Dモデルを見るときではなく、普通に地点の確認をするのにはこれがないと困ります。いちいち毎回画面を倒されてもたまらないので。

さて、さっき気がついたのですが、地表で右クリックして上下にドラッグで高度を変えると、上と同じ「丸に十字のポインタ」が現れて右のナビゲーションバーを操作したときと同じようになるのですね。地点を特定して高度を下げるのにはこちらのほうが便利。
特定の3Dモデルのすぐ下の地点で右クリックしそのまま下のほうにドラッグして高度を下げるとモデルの正面が簡単に表示されます。後は一番上のナビゲーションボール?で向きや見上げる角度を調整すれば大きな建物モデルを真下から見るのも簡単です。これまでとは段違いに3Dモデルが見やすく、また右クリックとダブルクリックを使い分ければ普通に地表まで降りるのも簡単と、細かいところの操作性がよくなっていますね。

|

« Google Earth4.3のナビゲーション | トップページ | Google Earthの太陽が »

Google Earth TIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/40908478

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earth4.3のナビゲーションその2:

« Google Earth4.3のナビゲーション | トップページ | Google Earthの太陽が »