« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.28

AGtoKML修正版

この記事は旧バージョンのAGtoKMLについての内容です。
現在はバージョンアップしてかなり内容が変わっております。また、ここにあるタイム関連の編集は、プレイスマーク編集ソフト「
KME2」とデータを連動できるようになりましたので、そちらへ送って編集するようになりました。
どうか、それぞれのヘルプサイトにて最新版の情報を確認してくださるようお願いいたします。

緯度経度作成のほうのcsv入出力不具合の修正版と差し替えました。

修正といってもcsvの機能は、簡易的なもので単純に文字列をカンマで判断しているだけなので、緯度経度を一度に入力するのは止めて(途中にカンマが入り誤動作するので)緯度と経度を別項目にしました。ちょっと面倒になりますがご了承ください。

なお、csvに関しては次のような制限があります。

・項目の記述内にカンマ( , )を使わないでください。
・エクセルなどで出力したファイルにダブルクォート( " )で囲まれた項目がある場合、ダブルクォートも文字列として出力してしまいます。

とりあえず、現時点ではこれはバグではなく仕様です。(きっぱり)
勘弁してください。

V.0.0.0.4でCSV関係の入出力は改善しました。

なお、バージョンアップは実行ファイル(AGtoKML.exe)を上書きするだけでOKです。

最新版のダウンロードはBugsの物置部屋AGtoKMLのヘルプページの右上からダウンロードできます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGtoKMLのバグ

昨日アップしたAGtoKMLの保存と読み出しがバグってました。

後ほど修正版をアップしますので申し訳ありませんが保存と読み出しは使わないでおいて下さい。緯度経度をコピペしやすいように最後に一つの項目にまとめるよう仕様を変更して、検証が足りませんでした。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.27

プレースマーク作成ツール A-GtoKML

この記事は旧バージョンのAGtoKMLについての内容です。
現在はバージョンアップしてかなり内容が変わっております。また、ここにあるタイム関連の編集は、プレイスマーク編集ソフト「KME2」とデータを連動できるようになりましたので、そちらへ送って編集するようになりました。
どうか、それぞれのヘルプサイトにて最新版の情報を確認してくださるようお願いいたします。

------------------------------------------------

ずいぶん長いこと更新を滞らせて申し訳ありません。
風邪をひいたりもしたのですが、無謀にもプログラムのコードを書いて見ようと急に思い立って、悪戦苦闘の引きこもりをしていました。
といってもどうすればアプリケーションができるのかも何を使うのかも知らなかったわけで、わけもわからずフリーで最初に見つけたVB2005をダウンロードして、その端っこにこの2週間噛み付いていたわけです。さすがにちんぷんかんぷんで手強いーー!相当苦戦するのはわかっていたけれど、用語の難解さとエラーの意味がまったくわからんのには参った。いまだに言葉の意味がほとんどわかりませんです。実はVBで組んでいる、ということすら最近気がついたわけで(いいのか)ほかにもC++とかいろいろあるんですねー!噛み付いてみるのがVBでよかったんだろうか。

それでもなんとかA-GtoKMLと名付けた簡単なものを組んでみました。
とりあえず単純に住所と緯度経度からKMLを作るというものにしました。組んでいるうちに GE Maniacs さんのところにエクセルシートでの「住所2KMLという立派なツールが出たりしたので、おまけにタイムスタンプとタイムスパンを入れられるようにしました。

Agtokml

インストール
インストール作業というほどのものはないので、ツール自体はダウンロードしたzipファイルを解凍して出てくるAGtoKML.exeを適当なフォルダに入れていただくだけです。
しかしVB2005で作成したので、実行には.NET Framework Version 2.0が必要です。
インストールしていない方は、A-GtoKMLの起動時にダイアログが出ますので、Microsoftのサイトからダウンロードしてインストールしてください。
ダウンロードページ
Microsoft .NET Framework Version 2.0 再頒布可能パッケージ (x86)

A-GtoKMLの最初の起動のときに、ファイルを置いたフォルダ内に「KMLtemp」というフォルダを作成するダイアログが出ますのでOKをクリックしてください。

ページの切替
ページのタブを切り替えることで、住所での作成と緯度経度での作成とを切り替えます。

フォルダ名の入力
記入の表の上の部分にフォルダ名入力の場所があるのでここも忘れずに記入してください。ここに書かれたものがプレースマーク集のフォルダのタイトルやKMLファイルのファイル名になります。
注意事項 : 実はkmlファイル名はこれで設定すると日本語は通らないと思ったら、いつの間にか日本語名のファイルも読むようになっているのですね。(確認したバージョンは4.0.2416 (beta))
もし、日本語のとおらないバージョンの場合、ここの記入は英数半角にしてください。最新バージョンをお使いになることをおすすめします。

追記:入力上の大事な点
最後に入力したセルの文字の確定に注意してください。文字列の右端に入力用の縦のカーソルが点滅した状態ではまだセル内容が確定されていません。そのまま出力するとその項目内は無記入とされてしまいますので、タブキーやエンターキーで必ず確定してください。他のセルをクリックしても確定します。

住所入力
住所入力でのプレースマークはGoogle Earthで住所で検索した結果と同じになります。ですから検索で見つからなかったり、正しい地点に飛ばない書き方は、これでも同じ結果となります。
私の経験上ですが、次のようなことでヒット率が上がる場合があります。

住所入力のヒント

・○○町1丁目2-3のように「丁目」を入れるとぴったり度アップ。
・ビル名、建物名は入れない。
・旧字で書かないと飛ばない地名もあるようだ。
・最近市町村合併が相次いでいますが、意外と古い住所のほうがヒットしたりする。

緯度経度による入力
緯度経度はGoogle Earth上では、ルートの「出発地点」をクリックすると、左の「検索」欄に出発地点として「"東京都庁" lat=35.689527, lon=139.691711」というような文字が表示されますがこの数字だけを取り出してカンマでつないだものを入力してください。「35.689527,139.691711」とこんな感じです。
仕様が変わりました。緯度に35.689527を入れ、経度に139.691711を入れてください。

でもおすすめは、ちょうど グーグルアースを楽しむBlog@N-O さんの「GoogleEarth COM APIで簡単アプリ」にとても便利なツールがアップされています。これを併用すると、GE上の緯度経度をクリップボードに取り込んでくれるので、そのまま項目に貼り付ければとても簡単です。  訂正:緯度経度を1項目で作ると、簡易的な機能でしかないcsvファイル入出力で問題が出るため、緯度と経度が別項目になりました。ちょっと面倒ですが、半分ずつコピー&ペーストしてください。とても簡単じゃないけど、やや簡単です、と訂正します。

本当はこの機能をツール自体に盛り込めばいいのですが、参考リンクのページを見てもよく理解できずとりあえずこのままの形で行くことにしました。

Google Earthから入力する場合、自動的に緯度経度を取得する機能をつけました。「緯度経度からKml」のページの地球儀アイコンをクリックして緯度経度を取り込んでください。

タイム関連の入力
タイムスタンプとタイムスパンは両方同時には記入できないようなので、起動時にはタイムスタンプのほうだけ表示されています。
使い方のわかっている場合は「タイムスパンを表示する」、にチェックを入れていただければ、全部の項目が表示され、タイムスパンのビギンとエンドも入力できるようになります。
全部表示すると項目の幅が狭くなりますが、アプリも項目の幅もドラッグで大きくなりますから記入しやすいサイズにぐっと広げてお使いください。

タイム関連の記入は次のような書式で記入してください。特に一桁の月や日にかならず0をつけて2桁にするのをお忘れなく。記入内容のチェックはしていないので、Google Earthで開くときに叱られることになります。

タイムスタンプの入力形式
yyyy-mm-ddThh:mm:sszzzzzz

1997
1997-07
1997-07-16
1997-07-16T07:30:15Z
1997-07-16T10:30:15+03:00

CSVファイル
データは一つ一つ入力してもいいのですが、エクセルなどでまとめて表を作ってCSVで出力したものを読み込むこともできます。保存は基本的にはデータは直接Google Earthで開くので、そこで保存してもらえばいいのですが、何らかの理由でデータそのものを保存しておきたい場合のために、簡易的ですがCSV形式で保存できるようにしました。

CSVは項目の並んでいる順に
名前,住所(あるいは緯度経度),説明,タイムスタンプ,タイムスパンbegin,タイムスパンend

といった形式になります。先頭にタイトル行は入れないでください。いまはあまり入力判定をしていないので、たとえ入っていても先頭行に表示されるだけですが、判定をするようになるとはじかれてしまう可能性があります。
またCSVで保存した場合、タイトル行無しの上記形式のCSVで保存します。

csvファイルといっても単純に項目をカンマで区切っているだけですので、保存や読み出しの予定がある場合は、項目内にカンマを使わないようにしてください。保存できても読み出せないファイルが出来上がります。Google Earthに出力するだけなら説明欄にカンマを使ってあっても問題ありません。

KML作成
必要な項目を埋めたら(住所と緯度経度の欄は必須)KMLファイル作成ボタンをクリックしてください。
作成後Google Earthで開くかどうかのダイアログが出ますので、OK、あるいはキャンセルをしてください。
KMLファイルは実行ファイルのあるフォルダに作成された「KMLtemp」フォルダ内に、フォルダ名の項目に記入された名前で保存されます。フォルダ名の指定がないときは「AG2KML.kml」の名前で保存されています。
たまっていくので必要なければGoogle Earthで保存した後、適宜削除して問題ありません。

2万個くらいまでは作ってみましたが(といってもコピペで同じ場所ばかりをエクセルで作って読み込み)大丈夫なようです。どこまで作れるかはわかりませんが、CSVで読み込むときに結構時間がかかります。なぜか作成のほうがかなり早いです。
しかし、Google Earthで表示するときに相当な時間がかかりました。住所の場合、最初にGoogle Earthが検索しているのでかなーり時間がかかりますね。いったん取り込んでしまえば緯度経度情報もKMLに付け加えられるので後は早いです。

できたらこれに直接Google Earth APIなんたらというもので緯度経度情報を取り込みたいものです。でもまだ、どうしたらいいのか見当もつきません。VB2005はCとか言うののやりかたでは駄目なんですかね。dllとか作らなくちゃ駄目なんでしょうか。参照設定には現れるけれど、名前空間が適切でないとかいって怒られて何もできないでいます。どなたか参考になるページとか本があったら、ぜひ教えてくださいませ。というかやり方教えて!

最新版はBugsの物置部屋AGtoKMLのヘルプページの右上からダウンロードできます。

V.0.0.0.4で改善しました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006.11.10

あちこちふらりフォトリンク

先日の早稲田の演劇博物館や帝釈天付近など少し追加しています。

プレースマークのカラーやフッタの編集のテストもしています。これで様子を見て安定していれば、制限事項が多そうだけれど、またこっそりツールを置こうかとも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.06

Color PlaceMark Toolのダウンロード一時停止

Color PlaceMark Toolのダウンロードを停止しました。

Google Earthのバージョンアップに伴って規定のアイコンが増えたりして変更されると、すでに設定してあったアイコンが変化してしまうことがあります。
その際に条件によって?手動の設定がなくなってデフォルトの設定に戻されてしまうようです。実際にはアイコンの変更時期をまたいだ場合に問題が出そうなので、今作成したものは問題は出にくいと思いますが、次のバージョンアップで問題が出るのも困ってしまいますので。

Kmlの説明では手動で記述されるものはスタイルのURLで設定されるものより優先されるはずなのですが、記述そのものを消されてしまうとどうしようもありません。カラー設定等はKmlのリファレンスにもあるので、消さないで欲しいものですが。
というか、何のカスタマイズもしていない既定のアイコンを使っていたものすら、バージョンアップでアイコンが変化してしまうことがあるのはちょっとバグのような気も?

回避策としては、既定のアイコンを使わずカスタムアイコンを指定して使う、あるいはPicasa2で写真からプレースマークを作ってPicasa2の写真のカスタムアイコンを使う、というのが良さそうに思いますが、決定打かどうかわからないのでとりあえず公開を停止いたします。

あちこちふらりフォトリンクのアイコンも、何のカスタマイズもしていない以前の既定のカメラアイコンを使ったものがいくつか、新しいピンアイコンに変化してしまっています。何かフォトリンク用のアイコンを適当に作って貼り直そうと思っています。

なお、サイドバーからダウンロードできる物については、プレースマークの説明の中だけをいじるものなので、特にバージョンアップ等で問題が出る確率は低いと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

早稲田大学:デジタル写真講座と演劇博物館

学園祭のシーズン、今年も早稲田祭に行ってきました。
昨年は忌野清志郎さんのライブで盛り上がりましたが、今年は息子の研究会のブースをちょっと見るだけ、のつもりが、ちょうど同じ会場でデジタルカメラ講座が開かれるのを知って参加してきました。

講師は写真家の根本タケシ氏でオリンパスの一眼レフを一人1台づつ貸し出してくれるという豪華版の講座でびっくり。その上和紙のような写真用紙のお土産つきで、若い方たちの中でちょっと場違いなおばさんも大満足です。
露出や絞りなどの基本的なことをうかがった後、実際に花を撮るという実践的な講座でした。ぼかすことや構図工夫で不要なものをカットする、そして対象を中心に置いた構図はとりあえず駄目、という講座の趣旨に沿いつつ、花を近距離で写して一番気に入ったものをプリントアウトしてくれるということでしたが、さすがに僅かな時間でいきなり素晴らしい写真が撮れるわけもなく、妙に斜めに傾いた花の写真を一枚持って帰ってきたり。
しかし写真のできはともかく、露出とボケの明快な解説、構図のとり方、フォトショップでのちょっとしたレタッチの工夫などいろいろと参考になりました。帰ってから検索してみると、講師の根本氏はネット上でもとても具体的なレタッチの方法なども書いていらして、また、オリンパスギャラリーでの写真展「深川散歩」に出されていた写真も実際手にとって見せていただいたのに気がつきました。

一眼レフ、いいですけどね、欲しくなっちゃいますけどね、あの大きさと重さが、そして本体ばかりではすまない値段がネックです。ノイズやボケなどコンパクトカメラには真似の出来ない点がいくつもありますけどね。マクロから望遠までポケットに納めてしまうのに慣れちゃうと、一眼レフで交換レンズ持つのってなかなか重さも値段も難しい。でも写真の出来はともかくプリントアウトされた画質のきれいさにちょっとくらくら。

さて、早稲田祭のほうは、すでに昨年すごい人出を経験しているのであちこち見て回るのは断念し、アカペラのライブ一つだけ見た後、お気に入りの、そしてお祭り真っ最中でもここだけはひっそりとしている演劇博物館を回って帰ってきました。
ここは16世紀のロンドンにあったフォーチュン座を模して1928年に建てられたという建物で、中に入るとそれまでの外の喧騒が嘘のように静まり返って、磨き上げられた古風な廊下がきしむ音が響きます。展示の部屋は坪内逍遥の部屋、シェークスピア関連の数々の資料、日本の演劇の歴史の展示、またその都度企画の展示もあって今回は「イプセン没後100年記念展」ということでした。
その外観は中の資料にあるフォーチュン座と同じく両翼に桟敷席に当たる部分が張り出しており、正面中心が舞台となっていて実際にここでシェークスピア劇の演劇も行われるそうです。
図書室も中に設けられていて、まだ蔵書を見たことはないのですが、受付からちらりと見た分にはキネマ旬報がそろっていそうに見えてゆっくり図書室にもこもってみたいと思いました。学生ばかりでなく一般の人も無料で入館できるのが嬉しいところです。

根本タケシ氏エプソンサイトの講座

オリンパスの根本タケシ氏のページ

早稲田大学坪内博士記念演劇博物館

周囲を人で埋め尽くされて銅像の大隈重信の後姿が戸惑っているのか喜んでいるのか・・・
Waseda061105_1

演劇博物館と内部の廊下
Wasedaengeki061105_1 Wasedaengeki_2_061105_1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.03

Google Earthバージョンアップその後雑感

気がついてみたら、2Dのオーバーレイがすごく軽くなってます。
自作のオーバーレイがたくさんお気に入りにあるのですが、これが重くてうっかりチェックが全部に入ってしまおうものなら、動きがとたんに重くなる。実に面倒なので、別フォルダに全部まとめておいたのですが、これに一度にチェックを入れてもほとんど重くならないほど改善です。

自分のオーバーレイが重いのは解像度の高い画像を使ってサイズが大きいせいかな、と反省していたんですが、これで少し安心になりました。

これまでのバージョンアップで徐々にかもしれませんが、メモリもたくさん使うけれど、以前よりは少なくなって、見る見る増える様なこともなく、快適度が増しているようです。

また、昨日も書いたアイコンの種類が増えたことですが、白抜きのアイコンがたくさん増えたのも嬉しいことだと思います。
アイコンそのものの色の変更はプレースマークを右クリック→「プロパティ」→「スタイル、色」のタブをクリックで開く画面の「アイコン」の「色」で好きな色(縮尺で大きさ)に変えられます。たとえば白い矢印を選んで、赤や青の矢印に変えられまから、簡単に色分けしたりできて楽しいですね!大事なものは大きな矢印にしたり。

ちなみに上のほうの「ラベル」を変更すれば、アイコンの横に出るプレースマークの名前の文字の色や大きさを変えられます。

エクセルシートのColor PlaceMark Tool ですが、今回背景色の設定が変更になったものの、色のあたりは逆にこれでしばらく大丈夫そうな気がするのですが、アイコンの角度設定は実はGoogle EarthのKml設定のページに載っていない裏技的な設定です。
同じ名前のタグが別の場所にも使われているのを考えると、そのうち何か変更があるかもしれません。ひやひやです。今のところは移動やプロパティから設定をしなおしても(アイコンを変更すると通常に戻る)角度が引き継がれるので、許してもらってるみたいですが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Color PlaceMark Tool 002

ということで急ぎ訂正したものをアップロードしました。
直したらどこかが変に・・・ということがなければいいのですが。

これで新しくなったGoogle Earthでも背景色が消えることはなくなったと思います。
もしも前バージョンのツールで作ったプレースマークがありましたら、移動や訂正をしていなくてまだカラー設定が残っているならば、そのままコピーしてカラー設定を「変更しない」にしてそのままKML作成をしていただければ、正常に背景色が出ると思います。

もしすでに設定した色が飛んで白になってしまった場合はお手数ですが、もう一度既存のプレースマークの編集で色を設定してください。よろしくお願いします。

その他、カラーピッカーを色選択の場所から呼び出せるようにしたり、アイコンの方向設定をカラーの変更のみの設定で使えるようにしました。他細かいところを訂正しました。

Google Earthもバージョンアップが激しいのでどこがどう変わるか見当がつきません。またこういうこともあるかもしれませんが、プロパティから変更できない部分を変更するツールという性質上、こうしたこともあり得るとお含みの上お使いいただくようお願いいたします。

追記:アイコンの角度設定もちょっと裏技的なのである日突然使えなくなっているということもあるかもしれません。その日まで楽しんでください。(?_?)

バージョンアップのたびにどきどきだわ。

Color PlaceMark Tool 002のダウンロード

追記:カラーピッカーのファイルを同梱するの忘れました( ;^^)..差し替えておきましたのでフォルダ内のファイルを一緒置いてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google EarthのバージョンアップとColor PlaceMark Toolの変更

今日はピアノのコンサートに行って、先ほど帰ってみれば、Google Earthがまたまたバージョンアップしたとのこと。どうやらフリー版でパスやポリゴンが作れるようになったらしいですが、幸か不幸かすでにプラス版だったのでした。ともかくもフリー版でパスが作れるのは誰でもパスツアーを作れるということで楽しいバージョンアップですね。
プラスのおまけは見つからないけれど、あちこちとても使いやすくなっているようです。とても便利なのが、近い場所にたくさんアイコンがあるときに、重なってしまって目的のアイコンがなかなかクリックできなかったけれど、今度はクリックすると放射状にぱっと分かれて下のアイコンが選択しやすくなったこと。これがかなり便利ですね。
また、独自のアイコンを使うときのカスタムアイコンが保持できるようになったんでしょか?保存できるようにみえて、どうもうまくいかないのは遣い方が悪い?
それにしてもこうなるとプラスのためには、GPSのログでも取れるようにしなきゃ駄目ですか。

しかしよさげなところがたくさんあるのだけれど、私としてはちょっとショックが!
先日こそっと置いたColor PlaceMark Toolのカラー編集が妙なことになっています!背景色が反映されなかったり反映されてもアイコンを移動すると色がなくなってしまいます。
あちこち探ってみたらバックグラウンドのカラーの指定が<color>が使えなくなって<bgColor>になっていました!確かに<bgColor>に移行しそうな気配はありましたが、ツールを作ってるときは<color>じゃなきゃ駄目だったのに・・。しかも<color>じゃ読めないよ!とばかりに記述すら消し去ってくれるようです。バージョンアップ前に作ったアイコンも移動や変更をすると背景色が白くなってしまうようです。これまで手動でcolor指定された方も要注意です。
とりあえず、新規作成のアイコンを新しいのに変更してタグも<bgColor>に変更したものにしますので、(細かいバグっぽいのも散見したので・・・)これまでにダウンロードした分は使わないでください。すみませんがよろしくお願いします。たくさん変更した方、万々一いらしたら申し訳ありません。訂正できるよう新しいのを急いでアップロードします。

*Google Earthが普通に触らせてくれないところを変更するのだからこれからもこんなことがあるかもしれないなあ・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »