« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

Color PlaceMark Tool(プレースマークの吹き出し設定を変更する)

またまたエクセルで「Color PlaceMark Tool」というものを作ってみました。
プレースマークの吹き出しのBGやフォントのカラーを指定したり、必要ならアイコンの角度固定をしたりする小さなツールです。プレース内のタイトルなどの記述を全部なくしたり、逆に独自の画像やヘッダフッタをHTMLタグも駆使して作りこむこともできる・・かな?まあ狭い領域なのでちょっとした工夫ができるかも、というところでしょうか。
プレースマークのプロパティからは設定できない<BalloonStyle>の中のカラーやTEXTの設定、<IconStyle>のなかにアイコンの角度設定の挿入あるいは削除をいちいちKMLに保存して開いたりせずに設定します。

新規でプレースマークを作る場合と、すでに作ったプレースマークに色をつけたり編集をする、の二通りのやり方で出来ます。新規に作った場合は場所の情報が無いので富士山の頂上にできるようにしてあります。移動したりテンプレートにして使ってください。

既存のプレースマークの場合は、すでに凝った編集がされていると駄目なものもあるかと思います。
ただし、既存のものでも編集したものは新たにプレースマークを作成しますのでオリジナルは一切変更しません。失敗しても変なプレースマークができるだけです。安心してトライしてみて下さい?!
またすでに色の設定がしてあるような場合、そこは変更せずに他の変更だけすることもできます。

編集したものは、KML作成ボタンで自動的にGoogle Earthで開くことができます。ただ、常に同じファイルに保存するので、気に入ったものができたらお気に入りのほうへ保存していただく必要があります。続けて作る場合は上書きされることに気をつけてください。

今回、エクセルの練習もかねて、Google Earthで開けるところまで何とかしようと思っていましたが、Google Earthが要求するUTF-8のコードでなかなか保存できず、苦心しました。結局初心者には理解不能でしたが、

籠谷 裕人さんのUTF-8ファイル作成 for VBA

というUTF-8にエンコードして保存するモジュールを見つけることができてやっと出来上がりました。感謝です。

細かいツールですが、ちょっと色をつけたりアイコンに方向を持たせたいようなとき使ってみてください。

使い方、というほどのものではないですが、ボタンや入力部分の説明のページをアップしておきました。その中にカラーピッカーへのリンクがあります。使ってくださる方はぜひカラーピッカーで微妙な色を選んで使ってみてください。エクセルのシートからもヘルプへのハイパーリンクが貼ってありますから使用中にカラーピッカーがすぐ使えます。

マクロをまた使っていますので、エクセルのセキュリティは低めでお願いいたします。
エクセルバージョンは2003で作っています。2003だけの機能は使っていないと思うので、多分以前のバージョンでも普通に使えると思いますが、謎です。

追記:Google Earthのバージョンアップに伴って手痛いバグが出ました。急ぎ訂正したバージョン002です。

Color PlaceMark Toolのダウンロード(002)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.24

Google Earthの本のおすすめ

Google Earth4の日本語版も出て、楽しんでいる方もかなり増えたことと思います。
そんな中Google Earth関連の本の出版も相次いでいるようで、私の巡回するサイトの管理人の方たちの執筆による本も出版されています。

このブログを立ち上げる前からもっとも参考にさせていただいた「GE Maniacs」の茜丸さんも関連本「Google Earthで地球を旅するガイドブック」を書かれてつい最近出版されました。以前にも「Noblesse Oblige」のTakashi.Uさんも「Google Earthの使い方がわかる本:ポケット図解完全活用ガイド」を出版されています。その2冊を購入してみました。

さすがにどちらも早くからGoogle Earthに精通されていて高い技術をお持ちの方たちの本だけあって、とてもわかりやすく、面白い情報がいろいろつまっています。
出版時期の違いから前者の「Google Earthで地球を旅するガイドブック」のほうが現バージョンについては詳しくのっています。発展途上のようなGoogle Earthですからこれは致し方ないですね。そこがまた面白かったりするわけで。とはいえ、操作系に関しては「Google Earthの使い方がわかる本」の基本的な部分はまだまだ通用するわかりやすい記事となっています。また、初めてGoogle Earthを見て、まず行ってみたいと思うようなところの紹介も充実しています。

「Google Earthで地球を旅するガイドブック」は出版時期が今ということもあって、まさに現バージョンのGoogle Earthを非常に丁寧にわかりやすく解説してあります。ネットワークリンクなどを活用して一歩踏み込んだ使い方も具体的にいくつも例が挙がっているので、非常に参考になります。
基本的な使い方でもう知っている、と思うようなことでも具体的にわかりやすく記述してあるので、改めて読むと参考になることがいくつもあります。初めての方にはもちろん本当に良い参考書です。
プレースマークのちょっと変わった作成方法なども面白く、こういうのを簡単に作るにはどうしたらいいかなあ、と妄想にふけってしまいます。こんなとき、本当にjavascriptと書けたらいいのに、とこれまでの不勉強を呪ってしまいますが、仕方ないからきっと力技。

いずれの本にしても、やはりこうして1冊にまとまっていると、ちょっと調べたいときとかすぐ見つかっていいですね。著者の方たちのサイトは最新のニュースとか、素晴らしいネットワークリンクとか毎日楽しみですが、基本的なことはこうして数冊本で持っていると意外といいな、と感じたり。おすすめです。

Google Earth で地球を旅するガイドブック
著者:郡司 裕之
出版社:技術評論社
発行年月:2006年10月
価格:1,659円(税込)

グーグル・アースの使い方がわかる本 完全活用ガイド
著者:内部高志
出版社:秀和システム
発行年月:2006年09月
価格:682円 (税込)

061024

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.22

「NetImage_PMmaker004」少々改訂

このエクセルブックは、写真サイトにアップロードしたり、ブログに載せた写真をプレースマークに貼るためのものです。便宜上「NetImage_PMmaker」とさせていただきました。

「Picasa2_PMエディター」に引き続きこちらも少々改訂。

変更点。

・ブログ貼り付け用のタグが用意されていない画像用の「image」のシートで、画像にリンクを貼りたい場合、「画像のリンク先のURL」の項目にリンクしたいURLを記入すると、画像をクリックでそのURLを開くことができるようにしました。
例えば、ブログに使った写真を貼って、その写真にブログへのリンクを貼る、などというように使えます。

・出力するHTMLを整形して改行を入れ、見やすくしました。

・改行の入った文章はうまくセルからコピーできないのでVBAのボタンのクリックで編集結果をクリップボードにコピーする仕様にしてみました。

・タイトルのみ記入するような場合を考えてタイトル位置を左寄せから中央に変更しました。

・一番下に「All Crear」ボタンをつけました。入力項目を削除し、日付削除ボタンや横幅変更ボタンのチェックを初期状態に戻します。容赦なく消してしまうので作業途中にうっかりクリックしないように!

ファイルは左サイドバーの一番下にリンクを置きました。もしまた変更があればそこのリンクを更新します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Picasa2_PMエディター003」少々改訂

自分のPC内に保存してある画像をPicasa2でGeotagをうって作ったプレースマークに説明を付け加えるエクセルシートを少し改訂しました。
ついでにブログのタイトルがとても長くなるので、こちらのシートの名前を「Picasa2_PMエディター」にしました。中身に比してかっこよすぎるけど。(もう一つのエクセルブックは「NetImage_PMmaker」にする)

変更点

・出力するHTMLを整形して改行を入れ、見やすくしました。

・改行の入った文章はうまくセルからコピーできないのでVBAのボタンのクリックで編集結果をクリップボードにコピーする仕様にしてみました。

・タイトルのみ記入するような場合を考えてタイトル位置を左寄せから中央に変更しました。

・写真をセンターに表示されるようにしました。
横長の写真ではあまり気にならないのですが、縦長写真では右に余白が多くできます。そこで写真をセンターに配置するようにしました。

・センター配置でも縦長の写真の両側の余白が気になる場合に、横幅300ピクセルに設定できるようにしました。チェックを入れると余白が少なくなって縦長のプレースマークになります。

・日付を削除のチェックが前回と逆になり、チェックを入れると削除されるようになりました。

・一番下に「All Crear」ボタンをつけました。入力項目を削除し、日付削除ボタンや横幅変更ボタンのチェックを初期状態に戻します。容赦なく消してしまうので作業途中にうっかりクリックしないように!

・以前のものは一度編集し終わったプレースマークを入力するとエラーで生成できませんでしたが、ごく素直に編集しただけのものなら再度編集できるかもしれません。再編集といっても、記入済みの項目は全て白紙に戻ります。横幅は変更できますが、削除した日付は戻りません。エラーになってしまう編集済みのものもあると思います。基本的には手を加えていないプレースマークが対象ですが、再編集できたら運が良いくらいに思ってください。

ファイルは左サイドバーの一番下にリンクを置きました。もしまた変更があればそこのリンクを更新します。
もう一つの「NetImage_PMmaker」(!)も同じように手直ししているので数日中にアップロードします。

編集の例:画像左から
・Picasa2で出力したままのプレースマーク
・タイトル、サブタイトル、本文、リンクを書き加えたもの
・タイトルのみで吹き出しの幅を300ピクセルにして日付を削除したもの

061020

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.14

調布飛行場とPropellerCafe

調布市には飛行場があります。
味の素スタジアムは皆さんご存知と思いますが、そのすぐ北隣が調布飛行場です。
大きな飛行機の離着陸できるような「空港」ではありませんが、大島、新島、神津島への定期便が毎日出ている立派な飛行場です。たった、35分から45分という短時間で島まであっという間に飛んでいきます。。
でも、とてもローカルな雰囲気なのは間違いないところで、高速バスターミナルよりも簡素なプレハブのターミナルから搭乗します。ちょっと暇だから乗ってみようか、なんてこともありそうな雰囲気です。
小田急バスでターミナル前まで来て、すたすた歩いてドアを開けそのまま狭い待合室を抜ければもう滑走路。なかなか大空港では味わえない良い感じです。

もう一つ、ここにはPropellerCafe(プロペラカフェ)という素敵なコーヒーショップがあります。
なぜかターミナルとは全然違う場所で、滑走路の南の端のほうにあるのですが、ここへ行くには関係者以外立ち入り禁止という看板を無視して入っていかなければならないので、初めてだとちょっとどきどき。
ここはガラス越しに、滑走路や飛行機、ヘリコプターなどが間近で見られるとっても素敵なところです。プレハブターミナルとの雰囲気の落差がちょっと不思議なPropellerCafe。ここでコーヒーを一杯のんだら飛行機乗りになった気分になるかも。

明日の10月15日、朝10時から夕方4時まで「調布飛行場祭り」が開催されます。入場無料で滑走路に入ることができ、飛行機を近くで眺めたりできるようです。

2006 調布飛行場祭り
http://chofu.com/_event/00213.html

新中央航空株式会社
http://www.central-air.co.jp/index.html

調布飛行場ターミナル 35.6729023589, 139.52934866
PropellerCafe  35.669129, 139.530143

プレースマークはあちこちふらりフォトリンクに画像つきで追加してあります。PicasaWebAlbumがリンクしやすくなったのでそちらに何枚か飛行場の写真をアップしました。調布飛行場のプレースマークの画像をクリックするとアルバム画像に飛びます。よかったら見てください。
そのほか深大寺周辺など幾つか追加。このプレースマークはネット画像でなくPicasa2からエクセルシートで直接プレースマークを作っています。

R0010276

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.12

GEプレースマーク画像貼り付け用エクセルシートの改訂

PicasaWebAlbumの個別の写真頁のURLが少し変更になったようです。
Flickrの写真と同じようにブログ用のリンクタグを直接Google Earthのプレースマークに貼り付けてもちゃんと表示されるようになりました。

以前「プレースマークにネットの画像を貼り付けて説明やリンクを書き加えるためのエクセルシート」を作りましたが、Flickr画像用とPicasaWebAlbum画像用とで別のシートを使うようになっていましたが、この変更でFlickr用と同じシートで使えるようになりました。
というか、現在PicasaWebAlbum用のシートで使うとエラーで生成できません。(^^;

その点の変更と、これまでのシートでは文章量が画像の大きさに比べて非常に多いと、横長の吹き出しができてしまうことがあるので、そのような場合に横幅を設定できるように変更したので置いておきます。

また、ローカルの画像をPicasa2でプレースマークにしたものに説明やリンクを加えるシートも作りましたが、こちらにはPicasa2が挿入してくれる日付を消す機能を入れました。
Exifを保存しない画像ソフトでリサイズなど行った場合に、撮影日時でなく加工日時が表示されてしまうようなとき使えるかと思います。

注意事項ですが、いったん編集して生成したプレースマークの内容をシートに入れても再編集はできませんので、間違いが無いのを確かめてからエクセルを終了するようにしてください。ローカルでGeotagをうったPicasa2のプレースマークは、元のプレースマークの中身を念のためテキストに保存しておくといいかもしれません。

両方のエクセルブックをzipにまとめておきます。

ダウンロード GE_PMmaker061012.zip (1726.4K)(すでに旧版)

追記:10/22 改訂しました。記事を各便宜上名前も変更しました。
Picasa2でGeotagを打って作ったプレースマーク用のエクセルシートは「Picasa2_PMエディター」、PicasaWebAlbumやFlickrなどのネットの画像を貼るエクセルシートは「NetImage_PMmaker」と、まあ、ちょっとかっこよすぎますが、こんなところで。

出来が悪いのでちょくちょく改訂するので、最新版は左サイドバーの下のほうに置くことにしました。試してみてください。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.11

柴又の神獅子舞と浅草の六芸神

関東地方は晴れ渡った青い空に恵まれた連休でした。
日曜日には、車で都内のあちこちをくるくるまわってきました。カーナビのおすすめドライブコース、というのを一度試してみようと、連休で空いていそうな都内をねらって、下町コースをクリックして後は言われるがままに回ってきたというわけです。

根津神社を皮切りに、小岩菖蒲園、柴又の帝釈天、浅草、月島、などなどながら、柴又ですでに日没。とりあえず浅草までは行ったものの、その後はパスして帰宅。これまであまり下町のほうに行ったことがなく、今回も実は浅草以外は初めてでしたが、どこもなんだか面白そう。下町探訪、くせになりそうです。もっと周囲も歩いてみたかったけれど時間がなかったのが残念。旅は遠いところに行くばかりではないですね。近くも実は初めてのところばかりだ。

さて、柴又で大きな駐車場が満員。しばらくうろうろして住宅街のコインパーキングに車を止め、帝釈天に向かう途中、祭囃子の音が聞こえてきました。音を頼りに探すと、柴又八幡神社というところでお祭り。まだその時点では日が高いせいか人は少なく、金色の大きなお御輿もまだ準備中。しかし、そこでは不思議な光景が見られました。大きな獅子二体と子どもが入っているのか少し小さいのと三体の獅子が、太鼓と笛に合わせて踊っているのです。黒っぽい衣装に背中まで覆うたてがみ?をつけて、大きな眼と威嚇するように牙をむき出した口を持った派手な獅子頭をかぶって何か物語を踊っている風です。
後で調べてみると、三体の神獅子舞いの神事だということで、様々な演目を1日かけて舞い踊っているようです。
この神社には古代の古墳、石室もあるということで、知っていればそこも見てきたかった。

浅草ではすっかり日も暮れ、ここはとりあえず雷門の写真だけとって戻ろうと、六区の通りを歩いていたとき、浅草大勝館の向かいあたりで妙な祠?を発見。小さなブロンズ像が並んでその後ろには
「唄神」、「奏神」、「話神」、「戯神」、「演神」、「踊神」
と書いてあります。どうやら浅草ゆかりの有名な芸人さんたちが並んでいるらしい。見ても東海林太郎と落語の志ん生くらいはわかるが後は?。調べてみると順に東海林太郎、田谷力三、古今亭志ん生、大道芸人、榎本健一、水ノ江滝子らしいです。最近できたものらしいですが、あやかって毎月!六芸神祭り、なんてものも行われているそうだ。活性化の取り組みの一つなんでしょうか。
浅草はレトロな街の印象が強いですが、歩いていると演芸ホールの近くにおしゃれな大きなビルができていたりと、古いものと新しいものが不思議と同居していて底力のようなものも感じます。
そういえば私のすぐ前を歩いていた、非常に小柄な(多分高齢の)女性は、スーツと帽子を着こなしてしゃきしゃきと同行の男性に話しかけていたのですが、
「あたしはね、世田谷だの成城だのあんな不便なところには住みたくないねっ。ずっと浅草。これからも浅草。便利でにぎやかなのが一番だからね!」
だそうです。うん、やっぱりパワーのあるまちだ。

061011_1_1  Img_1223

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.08

やっと秋晴れ

台風が転じた低気圧がようやく関東地方を過ぎて、長雨も一段落。やっとさわやかな秋晴れ!あんまり空がきれいで家にいたらもったいないので、午後から近くの深大寺の周辺をぶらぶら。土曜日だしこの素晴らしいお天気で、深大寺も近くの調布市体育館わきの小山もドッグランもにぎやかです。

体育館の公園の柴山に登ると気持ちの良い空が広がって、はるか遠くの都庁や六本木ヒルズまで見えました。(写真をクリックで大きくなります。画面左側の矢印が都庁。右端の矢印が多分六本木ヒルズ。でも小さいのでわかるかな?)

  061008_1_1

  061008_2_1

写真上
カメラ機種名 COOLPIX P4
撮影日時 2006/10/07 15:46:19
Tv (シャッター速度) 1/197
Av (絞り数値) 7.6
露出補正 0
ISO感度 50
焦点距離 約21mm(カメラレンズ35mm+kenkoマグネットワイコンMS-06W)(35mm判換算)
フォトショップで歪曲補正 リサイズ
(Nikonのシーンモード「風景」の色は強力だ!)

写真下
カメラ機種名 Caplio R4      
撮影日時 2006/10/07 3:50:28
Tv (シャッター速度) 1/470
Av (絞り数値) 5.5
露出補正 0
ISO感度 64
焦点距離 200mm(35mm判換算)
フォトショップでリサイズ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.04

F4戦闘機と原子力発電所の壁とどっちが勝つ?

「GIGAZINE」さんで紹介されていたYouTubeのムービーがすごい。
F4戦闘機がぶ厚い壁に突っ込んでいる映像です。1988の実験映像だそうですが、壁は原子力発電所の壁と同等なものだそう。どっちが木っ端微塵になるか?!

F4 Phantom Vs. Wall (YouTube)

これを見ても、原子力発電所の安全性に対する不安が払拭されるわけでもないですけど、なかなか衝撃的な映像です。

こちらはロングバージョンです。お暇ならこちらもどうぞ。

Crash test of a F-4 Phantom (YouTube)

061004_1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.03

Google EarthでWikimapia

WikimapiaというGoogle Mapにみんなで情報を書き込むサービスがありますが、その情報をGoogle Earthで見られる WikimapiaネットワークリンクGoogle Earth BlogさんやGE Maniacs(新サイト!)さんで紹介されていました。

さっそくネットワークリンクを見てみると、面白いようにWikimapiaの四角い領域がわらわらと出てきます。Google Earthを見ていてここはなんだろうと思った時に役立つことが多そうです。本家のWikimapiaと見比べてみると、微妙に出てこない領域があったりしますが・・・

さて、このWikimapia自体がかなり面白いですね。すでにいろいろ書き込まれています。誰でも書き込めるようなので、ためしにMapに無い近くの商店街駐車場の場所をマークしてみました。すぐには反映されませんが、Wikimapiaの画面の右上のupcoming placesをクリックすると、書き込んだばかりの場所も黄色い枠で出てきます。
(微妙なのは、場所の設定が「Public」と「Private」と選べるのですが、upcoming placesのモードにすると「Private」モードで書き込んでいる自宅?のようなものも見えてしまうんだけど、いいのかしらん・・基本的に本当にプライベートなものは入れるようなところでないと思うんだけど、勘違いして入れてしまう人がいそう)

もうひとつ、好きな場所を選んでブログなどにごく簡単に貼り付けることができます。
ためしに、upcoming placesを表示させた状態で、画面右上の「WikiMapia」の文字にカーソルを合わせると出てくるメニューから「Map on your page」をクリックして、先ほど作ったばかりの駐車場付近を点線の四角で選択し、すぐ上に出る黒い文字のタグを下に貼り付けて見ました。
このマップはキャプチャーではないので、拡大縮小やマウスでドラッグして動かすこともできます。非常に簡単に貼れる面白いかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.02

Google Earthでドライビング

Tech.nityon.comさんの記事で、Google Earthでドライブのできるゲームが公開されています。小さな車でGoogle Earth上をどこまでもドライブ。

Tech.nityon.com:「Google Earth でもドライビング!」

「地形」と「建物の3D表示」をオンにして走らせるとかなりおもしろいですよ。でもなかなか難しくて角を曲がるたびに3Dのビルに突っ込んでいる私。でも楽しい。
だから道関係なく山の中を突っ走ってみました。そして、富士山のてっぺんまで到着。

Google Earthのバージョンは最新の日本語対応(4.0.2080β 以降)が必要だそうです。

「Google Mapsで鈴鹿サーキット試走!」の頁ではGoogle Earthがなくても頁の左側の鈴鹿サーキットの地図でドライブできます。これも難しかったわ。

GEのAPIも公開されたということで、これからも面白いものがいろいろ出てきそうですね。

061002_1 061002_2
クリックして大きくしてみてください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.01

目つきの悪いうさぎは

我が家のうさぎBugsは、実にかわいくてたまらないのですが、そんな親ばかな飼い主でも、奴は相当に目つきが悪いと常々思っています。
ばったり倒れて寝ているときは目をうっすらあけていて死んでいるようだし、手足を隠して丸くなっているときは、半目になって絶対なにかたくらんでいる目つき。実物はもっとかわいいのですよ、だけどそんなわけで写真写りは最低。
いつも買ってくるうさぎフードや牧草の袋には、耳をピンと立てて、まん丸の大きな目をした可愛らしいうさぎの写真が印刷してあり、どうしてよそのうさぎは、見るからに可愛らしく、うちのはいつ見てもむっとしてるんだろうと思っておりました。

しかし娘が仕入れた情報によると、何と目つきの悪いうさぎは安穏と幸せに暮らしているらしい。

耳をピンと立てるのも、目を丸くするのも、捕獲され動物のうさぎが、目いっぱい警戒している姿だというのです。ふむ、そういわれてみれば、奴が耳を立てて大きく目を開けるのは、何かの音にびっくりした時ばかりだ。

ということは、とても臆病者な奴にもかかわらず、たいていは緊張感無くのんべんだらりと半眼で暮らしているということで、目つきが悪いのは喜ばしいことなんでしょうか。なんとなく納得できるじゃありませんか!そう思えばやくざな目つきもほほえましい??

都合のよいときばかり足元にまつわりつき、興味が無ければいくら呼んでもこちらを見ることもせず、毎日一番居心地のよいところで昼寝三昧。夜中にはワキワキして走り回り、放置されている新聞や本をがりがりかじる。犬よりもまとわりつくかと思えば、猫よりも勝手気まま。まことに不思議な生き物ですが、そんなBugsがやっぱり可愛い。
ということで怪しい目つきのBugs八枚。

061001_1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »