« 人の掘った一番大きな穴:チリの銅山 | トップページ | もう一つの 「Google Earthで遊ぼう」まとめ集 他 »

2006.09.02

考古博物館とマンホールの蓋

先日母の家の近くを散歩していたら面白いマンホールを見つけました。
蓋に縄文式の土器が描いてあります。
散歩していたのは甲府市の上曽根町。この近くの曽根丘陵と呼ばれるところには遺跡がたくさん発掘されることでも有名です。古墳も数多く、出土品も様々なものがあるようです。
近くには「甲斐風土記の丘」の公園があり、県立の考古博物館(35.5941918766, 138.582935097)もあります。ここでは、この近辺だけでなく県内のいろいろな出土品が見られたり、復元した立派な古墳もあります。はるか昔このあたりは力のある豪族が栄えていたことがうかがわれます。散歩していても、畑の中に大きく盛り上がったところがあると、なんとなく古墳のあとかしら、と思ったり。あとでGoogle Earthで見てみたけれど、やっぱり怪しい。畑を耕しても古い土器のかけらが出てきそう。実際出てくるらしいですが。

ちなみにこのマンホールの蓋には「なかみち」と書いてありますが、今この地名はありません。もともとここは、山梨県東八代郡中道町上曽根でしたが、今年の3月に甲府市と合併し、甲府市上曽根町となり中道町が消えてしまいました。

Img_0690  060902_1

航空写真

山梨県立考古博物館

参考リンク:山梨県立考古博物館公式ページ

#:マンホールをあちこちふらりフォトリンクに追加しました。すでに保存してくださっている場合は、ダウンロードしなおす必要は無いので、保存してあるプレースマークにチェックを入れてみてください。なかなか写真増えません・・・
参考: 8/16 写真のプレースマークをネットワークリンクで

 

|

« 人の掘った一番大きな穴:チリの銅山 | トップページ | もう一つの 「Google Earthで遊ぼう」まとめ集 他 »

Google Earth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/11735229

この記事へのトラックバック一覧です: 考古博物館とマンホールの蓋:

« 人の掘った一番大きな穴:チリの銅山 | トップページ | もう一つの 「Google Earthで遊ぼう」まとめ集 他 »