« Google Earthヴァージョンアップするの?
バージョンアップきた!
| トップページ | フィレンチェ歌劇場 トゥーランドット »

2006.09.14

Google Earth本体のバージョンアップ来た!

昨日、日本の3D化やレイヤーの充実などで驚かせてくれたGoogle Earthですが、今日は待望の正式に日本語に対応した本体のバージョンアップが来ました。
今日のバージョンアップは、アプリケーションのインストールファイルをダウンロードしてインストールしなければなりません。

ダウンロードページ(日本語)

日本のユーザーにとってはまず目立つのはやはりメニューや設定が日本語で表示されるということでしょう。(ツール→オプション→全般 の言語設定で切り替えられる) 大変わかりやすくなりました。これまでもこのブログにも日本語化の方法を求めてこられる方が多かったようですが、もう裏技を使う必要もなくなりました。
設定画面も以前とは少々変わってますが、ドライブ ルート ツアー オプション(いわゆる山手線一周のようなパスのツアーをするときの設定)がこれまで隠れていましたが、設定画面でわかりやすいところに出てくるようになりました。

機能的にもいろいろ拡張されているようです。
一番の目玉はプレースマークで時間が扱えるようになったということのようです。公式サイトにあるサンプル Click to see the whale shark migration を見ると、画面の上のほうに時間軸の目盛が出て、その右側のプレイボタンをクリックすると時間軸の目盛りの動きに合わせて、パス上をイメージがするすると動いていきます。
いろんな用途に使えそうですが、個人的には例えば旅行のログなどを単に移動したパスの表示だけでなく、写真などを移動した時間順に次々とパス上に表示したりもできるんでしょうか。

追記:3
でもプレースマークの作成上からは時刻の記入場所も見当たらず、簡単に作成するというようなわけには行かないようです。サンプルのプレースマークには
<TimeStamp>
  <when>2005-09-15T00:25:00Z</when>
</TimeStamp>
というような記述が加わってはいるのですが。
どこかに設定が隠れているのかなあ。

060914_1

また、最近GE MniacsさんやNoblesse-Obligeさんが「Web Mapping Service」を利用したネットワークリンクでのオーバーレイをいろいろ試してくださっているのですが、こうしたことへのサポート、というようなことが出ています。私には具体的にどういう意味かよくわかりませんけれど、いろいろなネットワークリンクが出てくるきっかけになるようなものなら大歓迎ですね。

さて、実は新バージョンをインストールして開いたまでは以前のプレースマークも引き継いで問題なかったのですが、終了時にちゃんとプレースマークが保存できずGoogle Earthがバックグラウンドで応答無しになったままになるという問題が発生しています。プレースマークに問題があるのか、めんどくさがって上書きインストールしたのがまずかったのか、これからトラブルシューティングです。ふう。前回もこんなことがあったような。私の環境のせいかな。めんどくさがりの性格のせいかな。(解決 追記参照)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:
何とか終了時の保存ができるようになりました。念のためいったんアンインストールして新規にインストールしなおしましたが、それでは状況変わらず。
「場所」(My Places)をまとめて保存しようとしてもできないので、フォルダごとに保存していったらとあるフォルダの保存でフリーズします。結局その中にあった3Dモデルが壊れてしまっていたらしく、該当のプレースマークを削除したらようやく「名前をつけて保存」や終了時の保存がうまく行くようになりました。
前バージョンでも忘れたままずっと置いてあったはずなんですが、特に問題は出なかったのに、新しいバージョンと相性の悪いものだったんでしょうかね・・・

何はともあれ、まともに動くようになってよかった。しかし、きれいにインストールしなおしたら、マウスホイールで下降したり上昇したりするのが逆になった。ツール→オプション→ナビゲーションで「マウスホイールのズーム方向を反転する」にチェックを入れれば今までどおりになるのですが、他の地図ソフトが今の状態と同じ動きのものが多いから、慣れるためにこのままのほうがいいかも。ちょっと違和感あるけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記2:
オーバーレイの作成の新機能、WMSサーバーの画像でのオーバーレイというのを試して見ました。
メニューの「追加」→「イメージオーバーレイ」を出し、「更新」のページで「WMSパラメーター」というボタンが新しくできているのをクリックすると、たくさんのサーバーが選べるようになっています。が、リストに出てくるサーバーが何がなにやら。
よくわからないので適当にサーバーを選択して画像を出してみました。といっても、いろいろ試しても画像が無いことばかり。ようやく出てきたのがこれ。どうやら、川や湖の名前の画像です。
利用できるサーバーのURLがわかっていれば入力して追加することもできるようです。確かにすごく簡単にサーバー画像を引っ張ってオーバーレイを作るということができます。

しかし、現時点では操作は簡単でもWMSサーバーそのものの情報が少ないので、先日のオルソ化写真用簡易スクリプトの簡便さにはかないません。
どのサーバーがどの地域をカバーしてどんな種類のを画像なのかがわかりやすくリストアップされるようにでもなれば、一般的なユーザーにも敷居がすごく低くなって画期的なことだなあとこれからが期待の機能です。きっとあのサイトやあのサイトでいろいろな実験を公開してくださることでしょう。

060914_1_3

 

|

« Google Earthヴァージョンアップするの?
バージョンアップきた!
| トップページ | フィレンチェ歌劇場 トゥーランドット »

Google Earth TIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/11891766

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earth本体のバージョンアップ来た!:

« Google Earthヴァージョンアップするの?
バージョンアップきた!
| トップページ | フィレンチェ歌劇場 トゥーランドット »