« 考古博物館とマンホールの蓋 | トップページ | イメージオーバーレイの作成 »

2006.09.04

もう一つの 「Google Earthで遊ぼう」まとめ集 他

GE Maniacsさんのところに面白い記事が立て続けに出ているので今日はそのご紹介。

GE Maniacsさんのところでは以前「Google Earthを遊ぼう」のまとめのネットワークリンクを提供してくださっていますが、それとは別に「Google Earthを遊ぼうスレッド11の178氏」が過去のスレッド1から9までのプレースマークをスレッドごとに取り込んで作成された巨大なプレースマーク集がでています。
すごいです。つくられた方の「自分用のメモ」とのことですが、これだけ大変なものを作ってアップロードしてくださるのはありがたいことです。

記事:「Google Earthを遊ぼうまとめ集 」 
記事:「Google Earthで遊ぼうスレッドまとめネットワークリンク

同じ日の江ノ電の旅ツアーモードも超おすすめ。面白い!

記事:「 江ノ電の旅ツアーモード

GE Maniacsさんの8/30日の記事「WMS2KML オルソ化空中写真版(修正版)」と、Noblesse-Obligeさんの「オルソ化空中写真利用の考察 」の記事とを何度も見直しているのだけれど、自分ではやってみるとぺっちゃんこにつぶれた画像が表示されたり、真っ白だったりとなかなかうまく行かないのですが、とても興味深いです。
座標を入れるとその周囲1km範囲の画像をオーバーレイするKMZ作成のスクリプトページとかできたら、面白そうだなあ。
追記:9/10 好きなところを簡単に表示してくれるネットワークリンクがでました!ありがたいですねー。こことかここの記事を参考にしてぜひお試しを。このブログでもここで紹介しています。

オーバーレイ用の画像をとってくるだけでも「オルソ化空中写真ダウンロードシステム 」 はこれまでの国土交通省の写真より格段に楽そうです。いいところを紹介していただきました。
ネットワークリンクは難しいけれど、普通のオーバーレイなら、ここの画像を利用すると比較的簡単にできるので、あらためて作成手順を書こうと思います。まだ低解像度の地域の方など、30年ほど前の自宅の近辺の地図を作ってみたら面白いかも。

 

 

|

« 考古博物館とマンホールの蓋 | トップページ | イメージオーバーレイの作成 »

Google Earth」カテゴリの記事

コメント

ども。茜丸でございます。結局以前研究するといっていた空中に引いたパスで果たして飛行機の軌跡をたどれたりはするのか?は失敗に終わりました。というよりもこれ、GE側でコントロール仕組みになっているんですね。KML内にいろいろタグいれてみましたがやっぱりだめ。残念です。

紹介していただいてありがとうございます。ちなみになぜ自分がトラックバックしないかというと、うちのあれ、トラックバックできないんです・・・トラックバック受信はできるんですが・・・

投稿: 茜丸 | 2006.09.04 22:51

わざわざコメントありがとうございます。

パスを空中で浮かせるのは今のところ不可能のようですね。パスの位置の標高をごまかせたらできるかも、と思いましたが、標高を記述できるところもなさそうでした。
でもツアーを提供側でコントロールできるというのは、きっと需要が多くなりそうな気がするので今にできるようになるでしょうね!
電車やバスのツアーも今のところ充分楽しいですし。飛行機落ちると怖いし?

投稿: バッグスから茜丸さんへ | 2006.09.05 00:22

空中にパスを引くことはできても、結局視点は変えられないので、たどる道が限られてしまうのが残念。パスじゃなくてもいいので、移動する様子を記録できたり、スクリプトなんてのが使えるようになったらいいですね。

P.S.
近々、Movable Typeに移行しようか悩んでいます。

投稿: 茜丸 | 2006.09.05 21:09

たしかに操作記録と再生のような機能があるといいですね。動画やアニメーションでなくてGoogle Earth上での再生ができるような。

今の茜丸さんのサイトもとても個性的で良いと思います。でも管理という意味では構築してしまえばブログタイプは楽かもしれませんね。

投稿: バッグスから茜丸さんへ | 2006.09.06 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/11757394

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの 「Google Earthで遊ぼう」まとめ集 他:

« 考古博物館とマンホールの蓋 | トップページ | イメージオーバーレイの作成 »