« Picasa Web Album | トップページ | 松本城オーバーレイ »

2006.06.23

Picasaの画像編集

Picasa Web Albumですが、Google Earthのプレイスマークを作るのに一生懸命だったけれど、よく見ればわかりやすい画像編集のメニューがありますね。フリーのレタッチソフトはこれまであまり使ったことが無かったけれど、ちょっと触ってみたら案外便利!細かい修正はできませんが、Webにアップロードしたり、メールに添付するような画像を、あまり手間ひまかけず、さっと見栄えを良くするのが簡単ですね。デジタルカメラについてくるようなレタッチソフトでもかなりのことができそうですが、Picasaは割合直感的に判りやすく使いやすいように感じました。

Picasa Web Albumの画像編集の部分は、日本語版もあるPicasaと多分同じです。Picasaはここからダウンロードできます。画像の管理と編集だけに使うならば、日本語版のPicasaがわかりやすくていいと思います。

ためしに、ユニクロの店舗を撮った画像を編集してみました。
元の写真は夕方で少々彩度も低くちょっと地味です。そこでPicasaでEffect(効果)でSaturation(サチュレーション)をかけて派手な色合いにし、Tuning(調整)のShadows(シャドウ)を少しだけあげてもっと夕景にしてコントラストをつけ、Effects(効果)のGraduated tint(グラデーション)を青でやや深めにポイントを調整してかけてみました。派手めな写真になって結構遊べました。

060623_1  060623_2
左:オリジナルの色 右:Picasaでレタッチ後

こんなにしなくても、基本編集の自動の調整でそこそこ使える感じがします。画像によって変になる場合はチューニングで僅かに変化させるだけでも違います。ただしどのTuningもEffectsも大きく変化しますね。それでつい遊んじゃったわけですが、こんなにするのはちょっと下品かも。本来は調整のレバーをほんの少し動かすだけで充分だと思います。
Google Earthに貼った画像はみんなこれでちょっとコントラストを上げたりして済ませました。
きちんと修正したいときには専用のレタッチソフトを使うのが一番ですが、縮小でWebやメール添付用途なら間に合いそう。ただ、シャープがちょっと弱くかけられるともっといいのだけど。
そしてこのソフトのとても良い点は勝手にオリジナルファイルを書き換えないところです。Picasaでは派手にレタッチしているように見えても、元ファイルは変化しておらず、PicasaでもUndo All Editsで元の画像に戻ります。レタッチしてある状態でGoogle Earthに貼ったりエクスポートした画像はレタッチした結果が残ります。
ですから、丁寧にレタッチしたい時は専用のソフトで、さくっと見栄えを良くしたいときはこれで、と充分使い分けができます。

このソフトの画像の管理というか扱い方はデフォルトではずらずらと日にちの新しい順に画像が全部並んで、ちょっと戸惑いますが、おかげでHDDの奥にうずもれていた昔の写真など久々に眺めて懐かしんでしまいました。

せっかくだから写真をGoogle Earthのこの店のあるところに貼り込んでおきました。
要らないだろうけど。

Open this Placemark

 

|

« Picasa Web Album | トップページ | 松本城オーバーレイ »

Google Earth TIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/10640424

この記事へのトラックバック一覧です: Picasaの画像編集:

« Picasa Web Album | トップページ | 松本城オーバーレイ »