« 世界の宮殿その3 | トップページ | バナナとピーナッツバタートースト »

2006.04.09

映画「コンタクト」の電波天文台

1997年のジョディー・フォスター主演のSF映画。

映画そのものは中盤テンポが悪かったり、あやしすぎるジャパンテイストの船内が出てきたり、突っ込みどころも満載だったけど、ジョディー・フォスター演ずる(電波飛ばしまくりの)科学者がつぼにはまった。
子供のころ洋物TVドラマの感化で、スパイやら怪しい科学者やらにあこがれまくった過去をもつ身としては、宇宙に何かがいると信じ込んで突っ走るこのヒロインは不恰好でなかなか良いのだ!

しかしこの映画の中で誰よりも主演級の風格を見せるのは、各地の電波天文台の巨大なパラボラアンテナなんです。
プエルトリコの山の中に忽然と現れるアレシボ天文台のアンテナ
ニューメキシコ州ソコッロの砂漠の中にあるアメリカ国立電波天文台のVLA(Very Large Array)。
ずらりと並ぶ電波望遠鏡がクライマックスでいっせいに角度を変えていくときのなんという迫力と美しさ!目がハートになって、ときめきましたわ。

Very Large Array
http://www.vla.nrao.edu/

  060409_2_2  060409_1_2

This image was generated with data from telescopes of the National Radio Astronomy Observatory, a National Science Foundation Facility, managed by Associated Universities. Inc.

 

Google Earthで探してみる

残念ながらこういう施設は辺鄙な場所ばかり。解像度があまり高い地域ではありませんが・・

アレシボ天文台のアンテナは直径305メートル、というだけあって解像度低めながら小さな宝石の粒が落ちているようにはっきりわかります。

  060409_3
Google Earth用kmlファイル
http://homepage2.nifty.com/mohri/GoogleEarth/file/060409_1.kml

 
 
ソコッロのVLA
は単に道が交差しているようにしか見えないけれど、オーバーレイが何種かあるので、それを重ねるとなかなか雰囲気が出ます。

Google Earthそのままの画像

  060409_4

オーバーレイ2種を重ねた画像

  060409_5
オーバーレイを含むkmzファイル
http://homepage2.nifty.com/mohri/GoogleEarth/file/060409_2_vla.kmz

 

アレシボ天文台といえば「SETI」という活動がありましたね。
PCを換えたりしているうちにすっかり忘れていたけれど、また宇宙人捜索に参加しようかな!

SETI@Home
http://www.planetary.or.jp/setiathome/faq_japanese.html

 
追記:6月7日のGoogle Earthのバージョンアップでアレシボ天文台は素晴らしく見えるようになりました。
         6/10記事「Google Earthが広範囲で高解像度に!

 

 

|

« 世界の宮殿その3 | トップページ | バナナとピーナッツバタートースト »

Google Earth」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/9505004

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「コンタクト」の電波天文台:

« 世界の宮殿その3 | トップページ | バナナとピーナッツバタートースト »