« 甲州弁の民話 | トップページ | 世界の宮殿 »

2006.03.23

梅と桜

実家から帰宅。慌てて出かけて数日留守にして、主人も出張。子供たち二人で過ごしていたので家の中はすごい有様。加えて部屋中ころころのBugsのフンだらけ。あ゛~~。。。

ゆっくりブログを書いている暇もないので、とりあえず梅とさくらの花をUP。デジカメ写真を眺めてちょっと一息です。

白い梅は陽に映えて輝いて見えました。近づくとすでに花の時期は終わりに近いようです。つぼみは少なくすっかり開いて散りそうな花びらがたくさんありましたが、まだまだきれいです。
紅梅はこれまで気づかなかったほど小さな木でしたが、可憐に花をつけていました。こちらのほうが少し遅くて今がちょうど良い頃です。
桜はまだ一つも花は開いていませんが、近づくともうピンク色につぼみが染まり、はちきれんばかりでした。夕べは冷たい雨になって少し気温が戻りましたが、あと数日暖かい日が続けば咲きそうです。

 

umenohana_1     kounai_1
 
kounai_2     sakura_2
 
umenohana_3     sakura_1
 

 

 

|

« 甲州弁の民話 | トップページ | 世界の宮殿 »

雑記帖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170323/9229845

この記事へのトラックバック一覧です: 梅と桜:

« 甲州弁の民話 | トップページ | 世界の宮殿 »